貿易為替という実需のクセをプログラム化して
月利2%~10%を目指す自動売買システム(EA)


Bear Time FX
Bear Time FX
タイトル:Bear Time FX
販売:株式会社NYコンサルティング
内容:ex4ファイル、PDF
ブログ オリジナル特典:ParadiseEA etc
Bear Time FX【公式サイト】


このブログでは「Bear Time FX」を購入して、
マニュアル通りにEAを設定したら
購入特典として以下をプレゼントします。


【独自特典1】K_SwingTrading
【独自特典2】K_BreakOutTrading
【独自特典3】K-BO2nd(バイナリーオプション1分足手法)
【独自特典4】かなり価値のあるPDFレポート12個
【独自特典5】ParadiseEA(完全オリジナルEA)
【独自特典6】Fibonacci_Bollinger_Bands(完全オリジナルインジケーター)
【独自特典7】お金が無い不安と、渇望を消すマネータッピング
【独自特典8】ゆうすけ式1分バイナリ手法
【独自特典9】バルサラの破産確率のエクセルプログラム
【独自特典10】KTBoT
【独自特典11】k_trend_filter
【独自特典12】k_invincible
【独自特典13】Adaptive-Cyber-Cycle-Divergence
【独自特典14】k-channel-line
がついてます。



あなたは不思議に思っているかもしれません。
何でそんなに購入特典をもらえるのかと。

他の商材を購入いただくときにも言っていますが、
これには理由が2つあります。



1つめは、
投資商材に「投資する」というマインドを持ってほしいから。
2つめは、
あなたを
Bear Time FXの商材レベルの高さと、
オリジナル購入特典で虜にしたいからです。



まずはメインであるBear Time FXの検証結果を見ていきましょう。

基本情報

名称:Bear Time FX

システムの戦略:日本企業の「実需」を利用した自動売買システム(EA)

対応通貨ペア:ドル円

返金保証:なし

想定リスクリワード:およそ2対1(Bear Time FXのバージョンで変動)

価格:販売ページを確認→http://v1.b-t-f.info/_T/

Bear Time FXは実践に使えるEAか

Bear Time FXのトレードロジックは極めてシンプルです。
 
 
「USDJPYを毎月23日~月末までの間、9時に売って15時に決済する」
 
 
これだけです。
しかもこのロジックを使ったEA、無料です。
 
 
もう少し勝てるパターンのロジック(Bear Time FX v2v3)もありますが、それは後ほど紹介します。
何を根拠にこんなシンプルなロジックにしたかというと「実需」です。
 
 
Bear Time FXは、日本企業の実需による下落パワーを具体的にルール化したEAなのです。

「実需」って何?下落パワーって何?

一番初めに言いましたが「貿易為替」というキーワードがポイントになります。


実需というのは、実際に通貨を交換する必要があって行う為替取引のことです。
たとえば海外旅行する時。基本的にその国で使える通貨が必要になるので、円を外貨に交換します。
日本人が海外旅行に行く場合は、円相場のレートで通貨を交換します。
これもある意味の実需かもしれません。


日本の企業でも海外、それもアメリカに工場や会社・支店を持っている割合は想像以上に高いのですが、
例えばアメリカ支店の売上って当然ドルの売上です。
しかし、本店が日本にあって、毎月の収支を確定させる必要があるタイミングでは、
売上のドルを円に交換しないといけません。この時、ドル円のレートを気にしたいところなのですが、
会社にとっては毎月の収支確定作業が最優先なので、レートを気にすることはできません。


それよりも、ドル→円の交換タイミングが重要です。


ドルを売って円を買うのでドル円の通貨ペアも下向きの圧力、つまり下落パワーが生じます。
Bear Time FXはこれを狙っているんですね。



実需ってどれほどのパワーがあるの?

1とレーダーがドル円を売っても相場の流れは作れませんよね。
というか、仮に数億レベルでドル円を売っても相場の流れは作れないと思います。


実需といわれる貿易取引が相場の何%を占めるのか?


これは一般的には20%~40%と言われています。

少なく感じますか?


これほどのシェアがあると相場の流れは作れます。
残りの60%~80%はすべて投機筋が支配しているわけではなく、
生保、証券のように中長期的に為替に関わる存在もあるので、十分相場の流れを作ることができます。


逆に、仮に少しでもそういう流れが出来ているのであれば、
投機筋は間違いなくその流れに乗ります。


貿易取引(実需)が作る相場の方向性→そこに投機筋が乗ってくる(中長期的に保有する人たちはスルー)


なので、実需の下落パワーを無視することはできません。
そのパワーに僕たちも乗っかるべきです。


実需を使ったBear Time FXのトレードロジックまとめ

Bear Time FXでは実需を具現化するために一部テクニカル分析を行う程度で、
トレードロジックとしてよく勉強する人が好んで使うような
  • マルチタイムフレーム分析
  • ダウ理論
  • グランビルの法則
  • サポートライン
  • レジスタンスライン
  • トレンドライン
は使いません。

もちろん
ナンピン
マーチンゲール

も使いません。


実需だけに特化した動き方をします。
そしてこの実需が数年で無くなることは考えにくいため、
当分の間は「安定して使えるトレードロジック」になります。


Bear Time FX
http://v1.b-t-f.info/_T/



Bear Time FXの注意点

ここで、すみませんが謝らないといけないことがあります。


貿易関係の仕事をしている方は「え?」と思ったかもしれませんが、
貿易取引って
「USDJPYを毎月23日~月末までの間」
だけではないんですよね。



例えばゴトー日と呼ばれるような5と10が付く日も
貿易取引が比較的頻繁にされます。


そして、時間帯について
「9時に売って15時に決済する」
と記載していますが、9時~15時以外の時間、

例えばニューヨーク時間の終了間際などは日本企業ってほぼ何も為替取引をしていません。
つまり、その時間は比較的●●●。。


といった具合に一言で貿易取引と言っても
ゴトー日やニューヨーク時間などのトレードタイミングがあります。


Bear Time FXでは、それをどのように対応しているかというと
「Bear Time FX v2」
「Bear Time FX v3」
「Bear Time FX v2v3」

という形でバージョンアップ版として提供しています。
(これらは有償になります。しかしその分トレードの有意性は増して行きます)


最初に紹介したトレードルールの
「USDJPYを毎月23日~月末までの間、9時に売って15時に決済する」
はBear Time FX v1のルールです。
このv1のルールに取引時間の市場参加者の習性を加味したものがv2。
更に、日本企業の実需による相対的上昇パワーを組み合わせたものがv3
となります。


※後で紹介するようにv4、v5もあります。


Bear Time FX
http://v1.b-t-f.info/_T/



Bear Time FX フォワードテストとバックテスト結果

販売ページを見ると、バックテスト結果が載っています。


例えばこのような図です。



しかし、このデータだけだと何とも評価しづらいものがあります。
なぜかというと、
●過去何年のバックテストなのか分からない
●トレードのロット数が分からない
●単利なのか複利なのか分からない
●都合の悪いトレード日をカットしている可能性がある

からです。


そのため、このデータは本来参考程度にすべきで、
販売後にフォワードテストされたものがあれば、そちらを信頼すべきです。


そしてBear Time FXは販売後、数ヶ月経過しているのでgoogle検索するとアッサリ見つかりました。


それがこちら。(12/7時点の成績概要)



最新の成績はこちらです。



バルサラの破産確率を使って、このEAを永遠に継続利用した場合の統計的な破産確率を求めたところ。。




9.1%

え、高い!
しかし安心してください。
これはv1のテスト結果です。


Bear Time FX v2v3の2017年のテスト結果はこちらをご覧ください。

Bear Time FX v2v3の最新実践結果を検証してみた



ちなみにBear Time FX v2v3のテストは販売ページにも
バックテスト結果があり、そこからバルサラの破産確率を計算すると。。




0%


あ、低い。
これが無料と有料の違いかもしれませんね。
v2v3についてもう少し詳しく見ていきましょう。


Bear Time FX
http://v1.b-t-f.info/_T/


Bear Time FX v2v3は購入すべきなのか

Bear Time FX v2v3はv1と何が違うのか

v2とv3では強化しているポイントが違っています。
v2は、v1のルールに取引対象時間の市場参加者の習性を加味しています。
v3は、さらに日本企業の実需による相対的上昇パワーを組み合わせています。
先ほども紹介したように、販売ページのバックテストからバルサラの破産確率を出すと、


0%


です。

あくまで理論上はこのEAで破産する可能性は無いことになります。


実際にBear Time FX v2v3のバックテストをご自身で試した方もいらっしゃいますが、
販売ページの結果は特に不正をしていないと結論づけていたので、それもひとつ参考情報になります。


もう1つ問題なのがv1からv3までは「日本企業」に特化していたこと。
世界の企業はもちろん日本だけではありません。
市場規模の大きいところは欧州(ユーロ)もありますね。
欧州企業にも日本企業の実需のような特徴があり、
それもEA化しようと思えばできます。



というか、


Bear Time FX v4v5というものですでにやっています。
これはv2v3購入後にさらに追加で購入できるものなのですが、
さすがにいきなりここまで購入しなくても、と思いますので、



まずは簡単にv1で様子を見てv2v3を購入して、
v4v5はBear Time FXで十分利益を出してからでも良いのでは、と思います。


Bear Time FX
http://v1.b-t-f.info/_T/



Bear Time FXが向いている人

Bear Time FXはこんな人に向いています。
  • ●手堅い実需を使ったトレードをしたい人
  • ●EAを使ってみたい人
  • ●テクニカル指標よりファンダメンタルを重視したい人


逆にこんな人に向いてません。購入するのをやめましょう。
  • ●自分の手でトレードしたい人
  • ●ツールに投資できない人
  • ●自動的に稼げることが信じられない人
  • ●マニュアル通りに設定・稼働できない人

Bear Time FX
http://v1.b-t-f.info/_T/



お問い合わせ

ご相談、ご質問があればこちらまでお気軽におたずねください。

お問い合わせ

お支払方法

   
銀行振込・コンビニ決済の他に、クレジットカードでも購入可能です。

購入特典

Bear Time FXを購入したら、この購入特典で
トレード生活をさらに充実させます。

次のものを購入特典としてプレゼントさせていただきます。

 
【独自特典1】K_SwingTrading
【独自特典2】K_BreakOutTrading
【独自特典3】K-BO2nd(バイナリーオプション1分足手法)
【独自特典4】かなり価値のあるPDFレポート12個
【独自特典5】ParadiseEA(完全オリジナルEA)
【独自特典6】Fibonacci_Bollinger_Bands(完全オリジナルインジケーター)
【独自特典7】お金が無い不安と、渇望を消すマネータッピング
【独自特典8】ゆうすけ式1分バイナリ手法
【独自特典9】バルサラの破産確率のエクセルプログラム
【独自特典10】KTBoT
【独自特典11】k_trend_filter
【独自特典12】k_invincible
【独自特典13】Adaptive-Cyber-Cycle-Divergence
【独自特典14】k-channel-line

特典の入手方法はこちらを見てください↓

購入特典



販売サイト

※購入確認画面に「K_SwingTrading」インジケーター含めた
購入特典プレゼント画面があることを確認してください。


Bear Time FX
Bear Time FX
タイトル:Bear Time FX
販売:株式会社NYコンサルティング
内容:ex4ファイル、PDF
ブログ オリジナル特典:ParadiseEA etc
Bear Time FX【公式サイト】

 

あなたへの合法的ワイロ

 

厳選FX商材 検証結果記事一覧