FXなどのトレードにおける心の状態・マインド

心の状態は
成績・パフォーマンスに
大きな影響を及ぼします。


影響を及ぼすとは言え、
精神状態がトレードに良い影響を及ぼすことは
残念ながらほとんどありません。



「プロスペクト理論」に代表されるように
損小利大どころか
損大利小、コツコツドカンとして
積み重ねてきた資産を一気に溶かすことの方が多いのですが




そこで以下の記事では
「プロスペクト理論の
余地が入らない積み立て投資」が良いですよ、

という話にまとめています。



行動心理学からチェック “積み立て投資”がいい理由とは?



ちなみに「プロスペクト理論」とは意思決定モデルの一つで、

 
プロスペクト理論(プロスペクトりろん、英: Prospect theory)は、
不確実性下における意思決定モデルの一つ。
選択の結果得られる利益もしくは被る損害および、
それら確率が既知の状況下において、
人がどのような選択をするか記述するモデルである。

行動経済学における代表的な成果としてよく知られている。
期待効用仮説にたいして、心理学により現実的な理論として、
1979年にダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーによって展開された。
カーネマンは2002年、ノーベル経済学賞を受賞している。
引用:wikipedia



引用したwikipediaにも書いていますが、

あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。
選択肢A:100万円が無条件で手に入る。
選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。



この場合、多くの人が選択肢Aを選ぶこともプロスペクト理論で説明されます。



積み立て投資は
投資信託の購入方法の1つと考えていますが、
敢えてメリットだけ書いておくと
毎月数千円くらいからコツコツ購入できるのと
株高の波に乗れば、その購入金額が
さらに増える可能性もある投資方法です。



一方で、投資信託に対する以下のような事実があります。



銀行の投資信託、46%の個人が「損」 金融庁問題提起



ここ数年の日経平均等の株価推移を見ると
瞬間的に波はありますが、総じて上昇基調なので、
買って放っておけば損をしにくい状況だと考えられますが、
その割りに半分弱の人が損をしています。




損をしている人の中には、
こんなケースの方もいるかもしれません。
(あくまで個人的な妄想です)


・積み立て投資をした
・資産がいまいち増えない
・リスクの高い投資信託商品を選んだ
・値が下がったら塩漬け
・値が少しでも上がったら決済


これはプロスペクト理論から導き出せる
代表的な行動ですね。
このような行動を繰り返して
結果として損をしているのかもしれません。


根本を治さないとダメ


結局のところ、投資信託が良いとか
積み立て投資が良いとかいう話ではなくて
そもそも、
プロスペクト理論を起こさない感情にできれば、
投資信託だろうがFXだろうが
心の状態・マインドがトレードに負の影響を
及ぼす可能性が小さくなります。



プロスペクト理論の根底にある感情の動きは

・お金で損をしたくない
・早くお金を儲けたい


という気持ちです。


よく、お金持ちが株を買って
さらにお金持ちになるエピソードがあります。
あれは、

・お金で損をしてもいい
・早くお金を儲けなくても良い


というプロスペクト理論の根底に想定している感情とは
明らかに違う気持ちを持っているからです。


トレーダーで負ける人の多くは、先ほど書いた
・お金で損をしたくない
・早くお金を儲けたい

という気持ちを持って、結局トレードに負けるので
逆の気持ちを持つことが大事です。


プロスペクト理論から脱却するための心理学的アプローチ

その逆の気持ちを持つ方法は
おそらくいくつかあるのでしょうが、
心理学からのアプローチ方法としては
無意識の感情・悩みを緩和する手段として
タッピングがあります。



ある箇所をトントン指先でタッピングしながら、
他の要素をミックスすることによって、


・お金で損をしたくない
・早くお金を儲けたい


の度合いを低くしていきます。



このブログでは購入特典として
マネータッピングをつけていますので、
それも参考にしてください。


マネータッピング

 

あなたへの合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします