ナンピンの概念

ナンピン手法について調べてみた結果⇒EAはボロ負け、裁量は経験などが必要

この記事ではトレード手法の1つである「ナンピン(難平)」について考察してみました。

トレーダーはナンピンという言葉を知らなくても、1度は実践したことがあるだろう手法です。
そのリスクの高さと、損失をできるだけ回避する方法について紹介します。

ナンピンとは?

簡単に言うと、エントリーした方向と逆側にローソク足が進んだ時にポジションを増やして、最初のエントリー価格と買い増しエントリー価格で平均エントリー価格を変動させるテクニックです。

以下の画像を見てください。

ナンピンの概念
ナンピンの概念

1ドル112円で買いでエントリーしたけど、1ドル110円まで下がったしまった場合。いつか上昇するだろうと信じて110円でもう一度エントリーすると平均エントリー価格が111円になります。

その後、ローソク足が上昇すると最初112円で損した分も含めて勝てるようになります。

これがナンピンのシステムです。

ナンピンが勝てる前提⇒トレードする通貨ペア・時間足では永遠にレンジ相場である

じゃあナンピンをしておけば、必ず勝てるのか?
そうでもありません。
なぜかというと理由はシンプルで、ナンピンのコンセプトとして
  • Buyのタイミングをミスったけど、その内レートが上昇するだろう
  • Sellのタイミングをミスったけど、その内レートが下降するだろう
と考えているトレーダーさんが少なからずいらっしゃって、そういうトレーダーはその内大きく負けます。
そのトレーダーさんが許容できるマイナス幅を超えると、それ以上ナンピンができなくて証拠金も足りずに破綻します。

金持ちはナンピンをしない(ウォール街の格言)

僕はツイッターで定期的にこのように言っています↓
img_6579

ナンピンEAはまぁ勝てない

当サイトでは今までにも海外と国外のナンピンEAやナンピントレード手法を検証したことがあるのですが、今のところどの商材もいつか必ず破綻しています。

例えばw2c clipperという有名だったEAは以下の成績になりました。

Flywheel Forex EAというEAの成績も以下のようになりました。

試しに年利500%の有料ナンピンEAを使ってみたが。。

当サイトでは試しに1万円弱で販売されていたナンピンEAを使ってみました。

謳い文句としては年利500%です。
バックテストをしてみたのですが、、以下の成績になりました。

2019年のバックテスト結果

2020年のバックテスト結果

2021年のバックテスト結果

2021年は勝っているように見えますが、これはポジション保有途中のものがこの記事を書いている日時までしかトレードできず強制終了したためです。
途中決済された箇所は以下のようにトレードされているところです。

EAでは勝つのが厳しいんですかね。。

ちなみに、EAのプログラムの中身を見るとRSIが30を割ったときに買いエントリーする、というシンプルなものだったので

そりゃ負けるわな。。
という評価をしています。

ナンピンを使った裁量トレードは経験が必要

ナンピンを使用したFX教材として、比較的まともな黒鳥FX俱楽部というものがあります。

関連記事

BLACK SWAN FX CLUBという、トレーダー黒鳥さんのFX商材の検証を完了しました。 ここではBLACK SWAN FX CLUBの内容や検証結果、当サイトオリジナル特典を随時更新していきます。 BLACK SWAN FX[…]

黒鳥FX倶楽部

黒鳥FX俱楽部はナンピンを使います。

ファンダメンタルズ分析で長期的なトレンドを予測してエントリーをするが、一時的に逆行した場合にナンピンを使い、エントリー価格の平準化を行う。
そしてエントリー価格平準化の後に、長期的なトレンドに乗って利益が出た場合は利確し、またエントリーを行う(場合によっては再度ナンピン)。

というイメージです。

手法の名前に「トラップリピート」とありますが、ある程度規則性が想定できる相場においてエントリーを繰り返していき(ナンピンをしていき)、利益を細かく得ていく事から名付けられたのだと思います。

ナンピンを使うので、損失が確定する時には大きな損失が発生する可能性もあり割と上級者トレーダー向けの手法になります。

資金もそれなりに必要ですしね。
細かく言うと問題があるので概要だけ言うのですが、コンテンツのトレード実践動画(2020年5月ごろ)の1つでも、ファンダメンタルズ分析の読みが外れて大きく損失を重ねた場面があります。
大きく損失を重ねる事はあり得る事なので、そこが悪いとは思いませんが、ナンピンはそもそも負けるときに大きく負けますし、黒鳥さんのような経験豊富なトレーダーでも負けてしまうことは当然あり得るという事で、ある程度のトレードレベルが求められます。

どうすればナンピンで勝ちやすくなるのか?

ナンピンで勝ちやすい状況になるにはいくつかの条件があります。

  • レンジ相場が多い通貨ペアに限定する
  • トレードする通貨ペアに異常に詳しい
  • 資金管理も併用する
  • 十分な資金(あるいは最小限のロット数)

対象の通貨ペアはAUDJPYやUSDJPYがあります。日本人トレーダーはUSDJPYに詳しい人も多いと思います。

また、資金管理のポイントとしてはナンピンでエントリーする時のロット数を変動させることで、ある程度含み損を抱えていても、ローソク足が少しエントリー方向に伸びるだけで勝つ事も可能です。

一時的に含み損が大きくなるケースがあり得るので十分な資金が必要です。

当サイトでは、ドル円で11年間破綻しない両建てナンピンEAとしてWaveCatchEAを作成しました。
WaveCatchEA検証記事

2021年9月現在、購入のご相談が無くなり次第販売終了もしくは値上げします。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://kuroda-yuusuke.com/wave-catch-ea-package/] […]

Wave Catch EA:バックテスト
(合法的ワイロ)FX商材をパワーアップさせる購入特典
先に一部無料でプレゼントします
実際のオリジナル特典を手にした人の声

評価:●有料商材よりも勝ちやすいです
●こんなに多くの特典をもらうのは初めてで、お得感が半端じゃありません。
●無料の割に期待できそうです(笑)
●驚きと喜びにて、購入して本当に良かったと大満足しています。
●他のサイトで購入してしまったFX商材。。オリジナル購入特典だけ購入できませんか?

と評価されることもある購入特典(インジケーター、バイナリー手法)を、先に無料サンプルとして一部だけもらいませんか?
メルマガだけでお伝えする極秘情報、最新情報も手に入ります。

今すぐFX商材をパワーアップさせる購入特典を手にしませんか?このオリジナル特典の無料サンプルは、そのための合法的ワイロです。

ナンピンの概念
最新情報をチェックしよう!