購入特典を新たに追加しました。


Adaptive Cyber Cycle Divergence
です。

唯一の先行指標=ダイバージェンス

FXトレードを長くしているトレーダーは
ダイバージェンスという言葉を聞いたことがあります。


日本語で言うと発散とか逸脱という言葉になります。


インジケーターで言えば、
ローソク足の動きとインジケーターの動きが逆行することです。


ダイバージェンスの魅力についてはどこかでゆっくり紹介したいのですが、
一番の魅力は先行指標になることです。



ダイバージェンスの魅力と具体的な実践方法をこちらに記事にしています。

ダイバージェンスの意味とインジケーターを用いた実践方法



普通のシグナルは過去のローソク足の動きなどを何かしらで計算して、
シグナルやラインを出しています。
過去のローソク足を計算しているので、
基本的には遅れたシグナルやラインになります。


インジケーターは遅効性が問題


という人もいるのですが、ダイバージェンスは違います。


ダイバージェンスはローソク足とシグナルが逆行しはじめたら
ダイバージェンスの始まりで、ダイバージェンスが終わったら
トレンド転換された、と認識します。


つまりシグナルの終わりがトレードの始りになるので、
他の遅効性のシグナルとは少し扱いが異なります。


※決して遅効性のインジケーターが悪いとは思っていません。
実際遅効性のインジケーターで勝てているので。


Adaptive DivergenceとRSI Divergenceの優劣

ダイバージェンスについて代表的なものと言えば、
RSIやMACDを使ったダイバージェンスがあります。
これらのオシレーターの動きとローソク足の動きが逆行することを狙います。


今回の購入特典はそういう普通のダイバージェンスではなくて、
John F. Ehlers(ジョン・F・エラーズ)
という人が考えたAdaptive Cyber Cycle Divergenceというものです。


詳しくはこちらに書いています。

【無料】Adaptive Cyber Cycle Divergenceインジケーター プレゼントします


Adaptive DivergenceとRSI Divergenceはどちらが良いのか?



試しにユーロドルの5分足で、
Adaptive DivergenceとRSI Divergenceを
並べて表示させてくらべてみました。


そして今週の月曜日から金曜日までに、
ダイバージェンスが現れたタイミングとその勝敗を見ました。
(勝敗=ダイバージェンスの後にトレンドが転換したか)


まずはRSIダイバージェンス

9勝5敗


そしてAdaptive Divergence

9勝4敗


あんまり変わりませんね。
じゃあAdaptive Divergenceの何が良いのか?なのですが、
FX商材との相性が抜群に良いです。


Adaptive DivergenceとFX商材を組み合わせる

Adaptive Divergenceは
青い点線もしくは赤い点線で描かれています。


例えばドラゴンストラテジーFXと組み合わせます。










このブログおススメのブラストFX












最後にあゆみ式FX








どの通貨ペアでも
FX商材で出したエントリーシグナルに対して、
ローソク足の山と谷を的中させています。


もちろん100%では無いのですが、
あゆみ式FXのような利確ルールが無いFX商材において
カンで決済するよりよほど精度が高いです。


ということで

何かツールを購入したら、この購入特典をお渡しします。
他の購入特典についてはこちらを見てください。



購入特典


なお、今まで購入いただいた方には、
無償でプレゼントしますので
購入ID(注文ID)とチャネルラインインジケーターがほしい旨を
メールかお問い合わせからご連絡ください。




最近購入されているツールはこのランキングにあります。



人気EA・FXツールランキング

 

あなたへの合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします