Ahead-AIエントリーツールのバージョンアップ(ver0.8)と、ツール使用時のチャート例

当サイトではAI(人工知能)に対抗するためのトレード手法としてAhead-AIを紹介しています。

あわせて読みたい
Ahead-AI(アヘッドAI) 紹介ページ ここでは当サイトのオリジナルトレード手法として「Ahead-AI(アヘッドAI)」を紹介します。この手法は人工知能(AI)のトレードのクセを見抜いて利益奪取を目指す手法...

ただ、トレード手法は優位性があるのではと評価いただく一方で以下のお声もいただいていました。

  • ツールはある程度ロジックの簡略化が伴うからか負けるトレードが以前より出てきている、もう少し勝ちたい

以前エントリーツールをバージョンアップしたのですが、さらに改善ポイントを見つけましたのでバージョンアップを行いました。この記事ではその内容を紹介します。

目次

これまでのAhead-AIエントリーツール

ローソク足の形状による連鎖反応の検知に加えてトレンド分析を追加しました。詳細な内容はAhead-AIの会員サイトに記載していますが概要は以下になります。

  1. 5分足チャートでのトレンド分析
  2. 上位足チャートでのトレンド分析
  3. マルチタイムフレーム分析

これらの分析について、インジケーターの設定画面でON/OFFを可能にします。

エントリーツールの弱点

ただ、エントリーツールを使っても負ける事がありました。色んな要因は考えられますが、特に目立った負けパターンとして大陽線や大陰線でエントリーシグナルが出現した途端逆行して損切するパターンです。

長時間足のトレンド分析の精度向上が必要だと考えました

バージョンアップの内容

K_SwingTrading

K_SwingTradingで見たドル円(12月第3週)

これは1時間足のローソク足にK-SwingTrading(雲+α)を足したチャートです。もちろん100%ではありませんが、チャート上にある雲の色でおおよそのトレンドを把握できている事が分かります。

例えばチャート右側の下降トレンドの時に買いエントリーをすると勝てることもあるでしょうが、負ける確率の方が高いです

今回のバージョンアップではK_SwingTradingの雲の色+αでトレンド分析を強固にしました。トレードの回数が少なくなりますが1回のトレードの精度を高めようと考えています。

  1. 1時間足のK-SwingTradingの雲の色
  2. トレンドの初動を捉えるための条件付け
既にAhead-AIの会員サイトにはツールをアップロードしていますが、まだ解説が足りていないので記事は随時更新中です。

ツールを取り入れたチャート

以下のチャート画像を見てください。

アヘッドA:ドル円(1月4日)

アヘッドA:ドル円(1月4日)

ドル円は下降トレンドだったのですが、そこからさらに下降するタイミングを事前に捉えている事が分かります

エントリーツールのバージョンアップ評価

エントリーツールのバージョンアップによって強力なトレンド分析も含めた連鎖反応の検知を目指せるようになりました。ただ、バージョンアップはこれで終わりではなくて随時行いますのでさらに勝てるようなツールを目指していきます。

Ahead-AIの紹介ページ

あわせて読みたい
Ahead-AI(アヘッドAI) 紹介ページ ここでは当サイトのオリジナルトレード手法として「Ahead-AI(アヘッドAI)」を紹介します。この手法は人工知能(AI)のトレードのクセを見抜いて利益奪取を目指す手法...

Ahead-AI 購入ページ

今後値上げ予定です。価格が低いために正当な評価がされていないようなので。。
あわせて読みたい
Ahead-AI(アヘッドAI) 購入ページ ¥59,800(税込)※今月残り6個 AI(人工知能)のクセを利用したトレードに興味がある AIを作る側ではなく、利用する側の考え方を勉強したい マーケットにAIが出てきて、...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

黒田悠介のアバター 黒田悠介 トレーダー、データサイエンティスト、プログラマー

FXの検証やツールを作成する中で、GogoJungle社からも推薦され投資ナビを連載していました。また、FX情報商材を販売しないかというお誘いも色々な人から何度もいただきました。しかし、表舞台に立つことは苦手なのでお断りをしてきました。代わりに当サイトのオリジナル特典として購入者にFXツール、EAなどを無料でもお配りしていて、これまでに累計2400人以上の方にお配りしています。

コメント

コメントする

目次