トレードがうまくいかない人は多いと思いますが、
少しでも悩みがあるのなら、この記事は見る価値があります。



ここでは95%のトレーダーが陥る
裁量トレードのワナについて見ていきます。


トレードをするためにトレードルール、手法は必要

トレード手法やトレードルールを決めて相場に挑む。

でも、

・エントリーしたら逆行して腹が立った
・さらに逆方向にエントリーしたらさらに逆行して落ち込んだ

という経験があるなら、
トレードに対する考え方を変える必要があります。


トレード手法のあるべき姿は
  • ●一定の明確なルールに沿って機械的なエントリーと決済が可能
  • ●これまでに過去のチャートで検証を行って統計的な有意性があった
というもので、さらに自分が
そのトレードを何があっても継続しないといけません。


逆に
このようなトレードができていない場合は素人の趣味レベルのトレードです。
それでも相場がたまたま自分にマッチしていて
一時的にマグレで利益が出ることもありますが、
ずっと続くことはありません。


その裁量トレード、相場に振り回されるトレード

自分のトレードを振り返ると
実は裁量トレードのつもりでも
相場に振り回される
その場しのぎのトレードをしている方がとても多いです。


相場のローソク足の急騰・急落で
  • ●感覚的にエントリ、決済してしまったり
  • ●エントリー前に考えていたトレードルールを変更しちゃう
ということをやってしまう場合は
本当にルールに厳格なトレードができているか
自分を疑った方が良いです。



また、そもそも
  • 勝率100%は当たり前
  • 絶対・確実なトレード手法じゃないと認めない
  • 損失は1円たりとも出さない
  • 目先の勝ち負けにこだわる
そういうトレード手法を
探しているのであれば
それはこの世にありませんし、
相場に振り回されるトレード手法に目が移ってしまうので
コンビニでアルバイトするほうが
確実に稼げます。


環境認識はトレード手法を後押ししてくれるもの

以前、トレードにおける環境認識について記事にしたことがあります。


FXで環境認識・大衆心理を知る必要性とその方法





例えば、自分が持っているトークの種類で
「鉄板ですべらない話」
「高確率で笑ってくれる」
というトークがある場合、


お葬式や危篤状態の人がいる中で言うと
とんでもないことになりますよね。


でも、飲み会の席や
ちょっとしたティータイムで言うと
効果的ですね。


そういう、
今の場面がどのような場面なのか、を
相場状況において的確に判断することが
相場の環境認識だと考えています。


空気の読める人、ってイメージですね。


環境認識ができると、

●トレードルール的にはエントリーしても良いが、危険なので見送る
●エントリーするけど、なんかあったらすぐに損切りする


などの判断ができます。



環境認識だけでも勝てるトレーダーはいるのですが、
環境認識とトレードルールがあれば尚更強いです。


FX商材を使って負ける人の多くは、
環境認識・トレードルールなど
全てをFX商材1つで賄おうとします。
結果としてうまくいきません。



まずはトレード手法を手にする

基本となるトレード手法を得ることから始めると良いと思います。


僕は自分の感覚・直感ほど
当てにならないものは無いと思っているので
トレード手法やルールはFX商材や師匠から学ぶことにしています。



しかし
自分は天才トレーダーな自信があったり
どうしてもトレード手法にお金をかけることはしたくないなら
インターネットの無料レベルの
トレード手法を使ってもいいかもしれません。



ただ偽物も多いので騙されるものだと思った方がいいです。



僕は環境認識は自分のオリジナルツールでやっていて、
その上でFX商材をエントリーや決済として使っています。


どんなFX商材を使ったらいいか、
環境認識をツールで行う方法については
お気軽にお問い合わせください。

(ただ、いつも問い合わせが来ているので返信が遅くなったり
見逃したりしますので、その場合はご了承ください。)


もしくはこのブログでいつも購入されている
FX商材を参考にしてください。




人気FX・BO商材ランキング【2019年2月集計】





 

あなたへの合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします