2019年のクロス円の動きは?マタフ(Mataf)で確認してみる

この記事を書いているのは2019年の年初です。

2019年が幸せな年になればいいのですが、
トレーダーとしてはどのようなツール(FX商材)が出るかや
各通貨の動きが気になります。

ここでは
ネットの記事やMataf(マタフ)を見たりして
2019年の直近の予測をしてみましょう。

特に2019年の年初から
ドル円やユーロ円などの
クロス円でやられている人
にとっては、
参考になる予測になります。

2019年は超円安?

ネットを見ていたらこのような記事がありました。

■年末年始は米ドル押し目買いの好機!

(中略) 

同じロジックにおいて、米ドル全体や米ドル/円の見方に関しても、メインスタンスを維持していきたい。メイン基調として米ドル高は来年(2019年)もみられ、米ドル/円に至っては反動的な上値トライがあってもおかしくなかろう。

 なにしろ、今年(2018年)の値幅は10円程度で、戦後の米ドル/円相場においても、最も低い変動率になるから、来年(2019年)は反動的に大幅な米ドル高か、反動的に大幅な米ドル安になりやすいかとみる。

(中略)

今年(2018年)は115円の節目の壁にいったん拒まれたが、同大型トライアングルの上放れが成立している限り、目先の反落にはおのずと限界があり、また来年(2019年)、反動高でこの壁をいったんブレイクすれば、上昇モメンタムの加速につながるから、来年(2019年)の米ドル/円の高値は、市場の想定より高い可能性も大きい。

 仮に来年(2019年)のスタートが111円あたりであれば、今年(2018年)と同じく低い変動率でも120円を超えるから、平均的な変動率(15円程度)なら125円超の上値が期待される。この意味でも、来年(2019年)の見通しに関して、過度の弱気は不要で、また場合によっては一転して楽観的なムードの広がりを想定しておきたい。

今の株価は割安だし、
ドル円は下がりすぎ
(200日移動平均線の打診や3月安値を起点とした全上昇幅の38.2%反落水準の達成)
なので、円高になっていく、という話です。

実際の結果はパニックが出るほどの円高なのですが、、
↓↓

適当に引いたトレンドラインの赤い線を綺麗にブレイクして
どこまでもローソク足が下がっていますね。

もちろんここから先に円安になる可能性もありますが、
引用した記事の情報だけだと
予測を大きく外しているので
なかなか納得できません。

Mataf(マタフ)で通貨の強弱を見てみる

下図をご覧ください。

こちらは、Matafで見たJPY、EUR、USD、GBP、AUDの各通貨の強さです。
各国の金融政策がどうたらこうたら、ということはあるのですが、
僕らトレーダーにとっては通貨ペアにどのように響くかが大事です。

ちなみにMatafについてはこちらで詳しく解説しています。

マタフを使った大学生が3か月で「億」を稼いだ、その方法は?

マタフ(Mataf)を使ったトレード手法とその見方

マタフを使って金融政策をうまくFXに利用した事例が分かります。

これで見ると、
12月の下旬から円がとても強くなっています。
マタフの観点だとドルが云々ではなくて、
何らかの理由で円が強くなったから円高になっているのです

12月末にこのグラフを見ていれば、
円が一時的にこのまま強くなる円高の可能性は
誰でも予測ができ、
少なくても円安に決まっているなどと
決めつけることは無くなったと思います。

一方でAUDは12月においてめちゃくちゃ弱くなっています。
逆に1月で見ると
AUDが底打ちをして徐々に強くなっていて
JPYは徐々に弱くなっています。

そのため例えばAUDJPYでは
上昇トレンドが発生する可能性があります。

もちろんマタフを使わなくてもドル円やAUDJPYで
K_SwingTradingを適用すれば簡単にトレンドが分かります。
例えば下の画像のようにです。

マタフのメリットは金融政策がその通貨の強弱に
どのように影響しているのかが分かるところです。
比較的長期的なトレード戦略を考えるのに使えると思います。

マタフはインターネット上で使える
通貨強弱ツールですが、
インジケーターとして使えるツールもありますので
別の記事で紹介する予定です。

 

合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします

 

最新情報をチェックしよう!