rvi_example1

ここではRVIとボリンジャーバンドを組み合わせて、
バイナリーオプションを攻略する方法をお伝えします。


その前に、
RVIって何?という人は
前の記事をご覧ください↓


RVIのバイナリーオプションでの使い方(基本から応用まで)



RVIはボラティリティの大きさを計るのですが、
普通に計ってもダマしにあって負けまくるだけです。



ここでボリンジャーバンドを使います。
ボリバンの2σ(偏差=2)を超えたらスタンバイです。


ちょっと画像で見てみましょう。
rvi+bands
これはユーロドルの5分足です。
黒いローソク足は下向きの値動きです。
大きく値を下げてボリバンを超えたのがわかりますね。
ここがスタンバイポイントです。


ここで逆張りをしかけてバイナリーオプションで
うまく連勝したいところです。


RVIがシグナルラインを抜くのを待ちます。
今なら下から上に抜いて、
ローソク足が上昇しやすいタイミングで
エントリーしたいですね。


しばらく待つとRVIが抜いていきます。
で、ローソク足が上昇しました。
rvi+bands2


1度のエントリーで終わるのも勿体ないので、
連続してトレードすると良いですね。
これくらい勝てます↓
rvi+bands3

RVIの使い方まとめ

RVIとボリンジャーバンドを使って
ユーロドル5分足のバイナリーオプション(ハイ&ロー)で勝ちやすい手法です。


1.ユーロドル5分足を表示させる

2.RVIとボリンジャーバンドを設定する
  RVIは0.15と-0.15で線を表示するよう設定する
  ボリンジャーバンドは2σ(偏差:2)を設定する

3.ローソク足の終値でボリバンが2σを超えるまで待つ

4.2σを超えたら逆張りトレードのスタンバイ

5.RVIがシグナルラインを抜くまで待つ。
  売りで待つ場合はRVIを上から下に抜くのを待つ。
  買いで待つ場合はRVIを下から上に抜くのを待つ。

6.RVIがシグナルラインを抜いたらエントリー。
  ただし抜くタイミングで
  RVIの0.15、-0.15を超えていることが条件。

7.あとはひたすら逆張り方向にエントリー。

8.勝って喜ぶ!



勝てなかったらごめんなさい。
でも普通にエントリーするより
はるかに勝ちやすいと思います。



 

あなたへの合法的ワイロ

 

厳選FX商材 検証結果記事一覧