【Ku-Chart】10億円トレーダーの収益が格段に向上したKu-Chartの使い方と評価

イカれたFX市場

MetaTrader4での設定無しで
Ku-Chartと同じ機能(通貨単位の強弱把握)が使えるサイト
「マタフ(Mataf)」の詳細はこちら

マタフを使った大学生が3か月で「億」を稼いだ、その方法は?

『比率を売買する市場』ってイカれてません?
(引用:http://zai.diamond.jp/articles/-/272906)

と言っているトレーダーはyasuさんという方。
これまでトレードで10億円を稼いだらしいです。

 
トヨタ自動車とソフトバンクの株価の比率を売買することなんてないじゃないですか。
変な市場なんですよ、為替って

そう言われてみると確かに、、という感じもしてしまいます。

億超えを果たし、1年足らずで会社を退職

このyasuさん、東日本大震災での円の上下をうまく捉え、
すぐに億の資産を持ったとのこと。

 
株にまわしていた資金もFXに振り向け、
含み益が増えればポジションを増やしてと、
円売りポジションを積み増していったyasuさん。

G7(先進7カ国)による協調介入もあり、
シナリオどおりに円安が進むと、
ふくらんだ円売りポジションを数日後に決済。一気に億超えを果たした。

 「会社はすぐに辞めました。
就職する前から一定額に達したら辞めようと思っていましたが、
まさか1年も経たずに辞められるとは思っていませんでした。

 完全に嫌なやつですよね、会社からしたら(笑)」
(引用:http://zai.diamond.jp/articles/-/272906)

「専業トレーダーあるある」からのKu-Chartとの出会い

会社を辞めたら、まとまった時間もできるので、
トレーダーさんは今よりもっと体力・経験・知識が増えていき
トレードもうまく行くはず、、と思いがちですが、実際はその逆です。

僕も経験があるのですが、会社で働いていたころには目につかなかった
細かい手法やチャートの動きに敏感に目が行き届くため、
確実に兼業トレーダーでうまく行っていたころとずれてきます。

「退職して時間もできたので、
巷にあふれる数々の手法を勉強したけれど結果が出なかった。
そもそもその手法に優位性があるのか、
身につかなかっただけなのかは不明ながら何をしてもだめな時期でした。

このタイミングで出会ったのが「Ku-Chart」(クーチャート)です。

それ以降、通貨単体の動きを見ながらスウィングでトレードするようになり、収益が格段に向上しました。

2015年8月のチャイナショック時には1日で含み益が2億円を超えたこともありました。
実際に決済したときには1億円程度の利益になっていましたが…」

ひとつおさえておきたいのは、
2011年の震災や2015年のチャイナショックなど、
このトレーダーさんは不意に起きるイベントをうまく使って
資産を増やしています。

「そういう方法がおススメですよ」と言いたいのではなく、
Ku-Chartの有効な使い方として経済イベント時に使える可能性があるということです。

Ku-chartとは?

 
Ku-Chartのもととなっているのは、
大手外資系金融機関に勤務していた「くーちゃん」さんが編み出したコンセプトだ。

くーちゃんさんが有志のセミナーで発表し、
それを聞いたMT4ブログの第一人者であった「fai」さんが
MT4インディケータを開発。それ以来、トレーダーの間で愛用され続けている。

Ku-Chartは通常、
主要8通貨(米ドル、円、ユーロ、英ポンド、スイスフラン、
豪ドル、NZドル、加ドル)の値動きをもとに計算される。

yasuさんの収益を格段に向上させたKu-Chartは、
主要通貨に対する「通貨単体」の動きを把握できるチャートです。

下図をご覧ください。

MetaTrader4のサブウィンドウを大きくしているのですが、
5つの通貨が1つずつ上下しているのが分かります。
ドルインデックスや実効為替レートに近いものです。

例えば、、

市場参加者が米ドルを買いたくなるような出来事が起これば、
ユーロを米ドルに換える、豪ドルを米ドルに換えるといった動きが発生して米ドル高となります。

このときKu-Chartの米ドルは右上がりです。

で、ここからが本題です。

米ドルが右上がりですが、
もしも同時に円を買いたくなるような出来事も起こっていれば、
相対的には円も米ドルもどちらも買われてしまい、
米ドル/円のレートはほとんど変化しない場合があります。

そんなとき、普通のチャート画面では、ドル円が動かないだけのチャートなのですが、
Ku-Chartでは米ドルと円のラインが同じ程度、右上がりとなります。

初めに、
『比率を売買する市場』の話をしましたが、
比率を構成する分母も分子も同じ程度増えていれば、
その比率(通貨ペア)も変わらないことと同じ話になります。

通貨ペアが選びやすくなる「Ku-Chart」

アメリカ雇用統計などが発表された時に、
ローソク足が思った方向と逆に動いたりしたことありませんか?

あの現象は、通貨ペアでは説明がつかないことも、
Ku-Chartでそれぞれの通貨ごとに強さを見れたら説明がつくかもしれません。

 「Ku-Chartを見れば、米ドルが買われている一方、
どの通貨が売られているのか一目瞭然。
一方が上がり、他方は下がりと、
2つの通貨のラインの幅が『開いていく』通貨ペアだと、トレンドが明確。
どの通貨ペアでトレードするかの選択を誤りにくくなるのが大きなメリットです」

例えばユーロドルのレートが上がっていたとしても、
ユーロドルのチャートだけ見ていてもその通貨ごとの強弱は分かりません。
ユーロ買いなのかドル売りなのか、が分からないのですが、
Ku-Chartなら、1つの通貨がどんな動きをしているのかわかります。

Ku-Chartの使い方①:インジケーターのダウンロード

Ku-ChartはMetaTrader4に初期装備されていないインジケーターなので、
Ku-ChartインジケーターをダウンロードしてMetaTrader4に取り込む必要があります。

Ku-Chartはこちらから無料でダウンロードができます。

http://d.hatena.ne.jp/fai_fx/20111122/1321894623

ダウンロード後のMetaTrader4への取り込みは割愛しますが、
通常のインジケーターと同様にMetaTrader4のデータフォルダ内の
インジケーターフォルダに格納してください。

格納後どこかの通貨ペアをチャートにドラッグドロップすれば表示されます。
チャート画面としては下図のようになります。

実際に行ってみると、とても簡単です。
簡単な割に通常ではお目にかかれない通貨単独の動きが分かるので
とてもお得です。

Ku-ChartZについて

この記事の一番初めに見ていただいた画像には
1つ謝らないといけないことがあります。

それは、この画像のことです。

あたかもKu-Chartを設定した後のチャート画面のようにお見せしましたが
本当は違います。
この画像はKu-ChartZというKu-Chartを少し改造したインジケーターです。

Ku-ChartZとKu-Chart。

何が異なるのかというと、Ku-ChartZはKu-Chartを
1日ごとに午前零時の価格を基準にして表示したものです。

0時にいったんすべての通貨の強さがリセットされるので、
デイトレやもっと短い間隔でのトレードに適しています。

このインジケーターのダウンロードは下のURLの記事からできます。

http://d.hatena.ne.jp/fai_fx/20110710/1310227246

使用方法はKu-Chartと同じで、ダウンロード後にMetaTrader4のデータフォルダ内の
インジケーターフォルダに格納した後、
MetaTrader4のチャートにドラッグアンドドロップするだけでです。

(ちなみに、Ku-ChartZには5通貨バージョンと7通貨バージョンが存在しています。)

僕の「Ku-Chart」「Ku-ChartZ」の評価

「Ku-Chart」「Ku-ChartZ」って実際使えるのか?
という点については、僕はトレードの目的によって評価が変わると考えています。

使えない・役に立たない例

例えばいつもユーロドルでトレードしていて、
通貨ペアは基本的に変えない場合。

この場合は「Ku-Chart」「Ku-ChartZ」はそんなに役に立たないと思っています。

なぜかというと、ユーロドルの比率でチャート分析を行う場合と
Ku-Chartを使ってユーロのチャート分析、ドルのチャート分析を行う場合でも
本質的には何も変わらないからです。

むしろKu-Chartを使うほうが2回分析をしないといけないので、
余計に労力がかかるかもしれません。

Ku-Chartの本質は通貨ペアの分解なのですが、
これまでのFX商材でも通貨ペアを十分分析できているものもあり、
トレードする通貨ペアが決まっている場合は
わざわざKu-Chartで通貨を分解して分析する意味はありません。

使える・役に立つ例

使えない例とは逆に、トレードする通貨ペアが決まっておらず、
どの通貨ペアでトレードしようか、と悩んでいる場合。
この場合にKu-Chartがとても役立ちます。

例えばKu-Chartで下がりつつある通貨と上がりつつある通貨のペアを見つけます。
この通貨ペアでトレードすると、

・ボラティリティが大きい
・通貨の強さ弱さが分かるので通貨ペアの方向性も分かりやすい

というメリットが得られる可能性が高くなります。

つまり通貨ペアの選択ツールとして、
Ku-Chartが評価出来ます。
Ku-Chart自体が聖杯ではなく
通貨ペア選択という目的に置いてとても役立つツールになっています。

通貨ペアを何にするかでいつも迷っているトレーダーさんには
もってこいのツールですね。

P.S. 通貨ペアの選択ツール(マタフ)で億を稼いだ大学生

とある大学生は、
大きなファンダメンタルズの変化が発生した時に、
マタフ(Mataf)というサイトで各通貨の強弱を把握して3か月で億を稼ぎました。

MetaTrader4での設定無しで
Ku-Chartと同じ機能(通貨単位の強弱把握)が使えるサイト
「マタフ(Mataf)」の詳細はこちら

マタフを使った大学生が3か月で「億」を稼いだ、その方法は?

P.S.S. 無料ツールで勝てるなら誰もトレードで苦労しない

インターネット上では
無料で色んな投資ツールが使えます。
役立つツールもあるのですが、

無料ツールだけを使って勝てるなら
みんな億万長者です。

無料ツールでちょこっとトレードすれば
すぐに勝てるだろうと思っているなら
以下の記事が参考になります。

無料のツールが恐いわけ。

 

合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします

 

最新情報をチェックしよう!