僕だけなのかもしれませんが、
WINDING ROAD FXというFX商材がやたら色んなメルマガで推薦されてるので、
気になって購入して試してみました。



そしたら、
「これ、裁量判断って言ってるけど、すぐインジケーターにできるやろ」
ってのがあったので、その利益確定サポートツールをお渡しします。

WINDING ROAD FXのレビューについてはこちらをご覧ください。

WINDING ROAD FXの検証とレビュー


WINDING ROAD FXはトレンドフォロー

『WINDING ROAD FX』はトレンドフォローのノウハウになりますので、
トレンドの転換点を見つけエントリーし、リスク管理を徹底をすることで利益を確保していくという手法になります。


と販売ページにも書いています。


検証する限りは確かにトレンドフォローツールで、
かなり簡単なトレードルールになっています。


FX商材で殿堂入りしたトレンドフォローツールと言えば
ドラゴンストラテジーFXが代表的ですが、
WINDING ROAD FXも同じようにマルチタイムで相場を分析しようとしています。



しかし、WINDING ROAD FXを検証していると1つ疑問が出てきました。

WINDING ROAD FXは短い分足でも使える?

販売ページの画像を引用させていただくと
下図のように色んな時間足で使えると記載されています。



僕は購入前からこの内容に懐疑的でして、
今までのFX商材で1分足でトレンドフォローというものが記憶が無いので
本当に機能するのか懐疑的でした。


WINDING ROAD FXのドル円1分足の単純検証結果

本来はマルチタイム分析をしないといけないので、
それをふまえると検証結果も変わってくるのですが、


ここでは単純にドル円1分足で
WINDING ROAD FXでもらえるインジケーターと
僕がオリジナルで作成した利確ツールを使って検証しました。



成績は5勝5敗ですね。



























WINDING ROAD FXの長所は損切りルールにあって、
損切り額をかなり厳しく設定しているので、
リスクリワードが適切になるところですね。


正直言うと、
こんな単純なトレードルールでも一応トレードできるんだな
というのが感想です。



もちろんたまたま勝てているだけかもしれないので、
引き続き検証します。


利益確定は明確なルールがあるのですが、
WINDING ROAD FXでは手動でのやり方しか掲載されていなかったので、
僕がインジケーター化しました。

上のチャート画像に黄色の上下矢印がいっぱいあったと思いますが、
その矢印がインジケーター化したものです。


このブログからWINDING ROAD FXを購入した方に無料でお渡しします。


>WINDING ROAD FXのレビューについてはこちらをご覧ください。

WINDING ROAD FXの検証とレビュー


P.S.

WINDING ROAD FXの開発者の滝澤伸悟さんのトレードの腕が素人かどうか、と言えば、
みんなでFXの古橋さん(トレイダーズ証券)や
FX極の岡安盛男さん(38年プロトレーダー)と比較すると
専業トレーダーとしてはトレードの経験値が少ないかと思います。



そのため、経歴や経験を重視するなら
みんなでFXやFX極を選ぶ方が良いです。実際勝てているし。

この2つのFX商材は販売終了しているのですが、今だけ購入できます。
詳しくはこちらをご覧ください。


販売終了してるのに何故か購入できる優良FX商材

 

あなたへの合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします