ちょっと愚痴っていいですかね。。


今、いくつも検証中の商材を抱えてしまっています。
ニュートンFX、
ぷーさんの輝、
海外EA、
そしてグランドセオリーFX。


このグランドセオリーFXの検証にめちゃくちゃ時間かかってます。
gt-head


この商材、正直言ってめちゃくちゃです。


何がめちゃくちゃかって?



商材のクオリティの高さとボリュームの多さです。


商材の検証のご依頼メールをもらって、
確認しました。


folder1
はいはい、テキスト・音声・動画でフォローして
トレード手法の解説かな?
と思いきや。。



folder-text
ん?
抜け目がない構成かも。。



member_site

会員サイトまであるのかよ。。


よくよく調べたら、
グランドセオリーFXのボリュームはこれだけありました↓

  • PDF 316ページ
  • ケーススタディ 89枚
  • 動画マニュアル 47本(7時間24分)
  • 音声 55本(9時間15分)


ボリューム多すぎです。
とは言え、仕方ないのでしょう。



この商材はシグナルツールではなく、
裁量教材なのでいくつものマーケットの動きに合わせた
フォローが必要なため、どうしてもこれくらいのボリュームになります。



(この商材をソッコーでレビューできるブログって、
どこまでグランドセオリーFXを知っているのかと聞きたくなります。。)


そのため、このブログでは細切れにしてレビューします。



勉強の仕方は、基本メンバーサイトでOKです。


グランドセオリーFXのロジック

ロジックのベースはCBMロジックです。


CBMロジックなんて聞いたことないと思いますが、
開発者のらいく氏が考えた理論で
キャンドル・バンド・ミドルリターンの略です。



名前から推測できますが
ローソク足、バンド(ボリンジャーバンド)を使った理論です。



買いのCBMロジックと売りのCBMロジックがあります。
CBMを軸としたトレンド手法とレンジ手法になっています。



ここにプラスして、
ライントレード
プライスアクション
マルチタイムフレーム分析

を学習し、
実践相場で結果を出せるよう
マニュアルとケーススタディで学びます。



トレンド相場もレンジ相場もフォローし、
各種の分析方法も組み合わせて、
ケーススタディもフォロー。


そりゃこれくらいのボリュームになりますね。


CBMのロジックをMT4で表わすとこのようになります。



誰でもわかるグランドセオリーFXのデメリット

デメリットは明らかです。


ボリューム多すぎで、自分のものにするのに時間がかかりすぎます。


こういう学習がいつか必要なのはわかりますが、
簡単に結果が出せるシグナルツールがあればそちらに目が移ります。


なので、
グランドセオリーFXを購入するなら
このブログオリジナルの特典で
稼ぎながら学習してください。


tokuten

次のものを購入特典としてプレゼントさせていただきます。

かなり価値のあるPDFレポート12個
ParadiseEA(自作EA)
【黒田悠介式】お金が無い不安と、渇望を消すマネータッピング
ゆうすけ式1分バイナリ手法

バルサラの破産確率のエクセルプログラム

KTBoT(自作インジケーター)
k_trend_filter(自作インジケーター)
k_invincible(自作インジケーター)
K_BreakOutTrading(自作インジケーター)

特典の入手方法はこちらを見てください↓

購入特典



販売サイト

グランドセオリーFX
グランドセオリーFX
http://gt-fx4.com/




 

あなたへの合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします