GMOの株価指数バイナリーオプションのデモトレードをやってみた

GMOクリック証券株式会社は、4月15日(月)より、当社の株価指数CFDを原資産とする「株価指数バイナリーオプション」の取り扱いを開始いたします。

とのこと。
株価バイナリーオプションというのは初めて聞いたので
まだデモトレードしかできませんがさっそくトレードしてみました。
僕はGMOの関係者でも回し者でもなく、ただの個人トレーダーですので悪しからず。

参考記事:GMOクリック証券:新商品「株価指数バイナリーオプション」取り扱い開始のお知らせ

株価指数バイナリーオプション トレード画面

下の画像・URLからデモトレード画面に行けます。

https://www.click-sec.com/corp/guide/ixop/demo/

GMOの外為オプションをやったことがある人は分かるのですが、
あのいつもの画面と似たトレード画面になっています。

株価指数バイナリーオプションとは?

参考記事の方にも書いているのですが、

・株価指数バイナリーオプションは、特定の時間(満期時点)に、
当社の株価指数CFDのレートが一定の価格以上となること、
または、一定の価格未満となることを予測するお取引です。取扱銘柄は、日本225と米国30です。
・オプションの新規購入だけでなく売却や再購入が可能なうえ、
満期時に予測通りとなった場合は、ペイアウト(1,000円固定)を受け取ることができます。

とのことでした。

おそらく日本人トレーダーの多くは「日本225」の方に興味があると思います。
(日本225=日経平均株価)

日経平均がある時間に、エントリーしたタイミングからハイもしくはローになるかを予測するのが株価指数バイナリーオプション(この後、勝手に「株バイナリー」と省略します)と思っていいでしょう。

FX商材の中には日経225先物を取り扱った商材も存在します。

FRAIBOのような優秀な商材もあるのですが、
そもそも日経225先物取引はまとまった資金量(数万円~数十万円)が必要になるケースがあります。

株バイナリーの詳細は分かりませんが単純にエントリー額だけ用意すればいいのであれば、
数千円からトレードは可能です。
(勝てるかは別問題)

少ない資金でスタートできるのは株バイナリーの利点になるかもしれません。

さっそくデモトレードをしてみる

適当にデモトレードをしたのですが、
さっそく2連敗しました。
デモトレードとは言えアツくなり
真面目にトレードした結果だけ載せます。

上の画像の赤いところが上昇でエントリーした箇所です。最初のエントリーはダメですが、
次のエントリーはこの時間帯の底値を捉えています。

 

順調に勝ちました(デモトレードですが)。

トレードした感想

株価指数を使ったバイナリーオプションのようなトレードは初めてだったので
取っつきにくかったのですが、操作方法は直感的に分かるものになっています。

しかし、
個人的には以下の観点で、株バイナリーの難易度は意外に高いのでは、と考えています。

株価を規定の区切られた時間でハイローを判断する難しさ

株式投資を行う場合は、時間ではなく株価そのものに注目する場合が多いと思います。

  • 1株1000円が1株1200円になったら利確
  • 1株1000円が1株900円になったら損切り

もちろん取引終了時間(15時)に注目する手法もあると思いますが、
多くのトレード手法はFXと同じで、トレンドや波形をベースにして
ラインを引いて株価に注目してトレードすると思います。

株価に注目をすると、
仮にエントリータイミングが多少マズくても
最終的に利益を出せるケースがあるのですが、

バイナリーオプションのように時間が区切られていると
エントリータイミングが比較的シビアになります。

また、株バイナリーは、その商品名の通りで
バイナリーオプションの要素があるので
どうしてもギャンブル的にトレードしてしまう人も出てくるでしょう。

そうなるとなかなか冷静にトレードできなくなるので
注意が必要になると思います。

とは言え、今までにないサービスでも魅力的な事と
普通の日経225先物トレードは比較的シンプルなインジケーターでも勝てることが多いですので期待もできます。
今回の株バイナリーでも何かいいトレード手法が見つかればいいですね。

 

 

合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします

 

最新情報をチェックしよう!