通貨ペアの強弱

トレンド転換の把握

エントリー・決済
を3つのテクニカルツールで


1秒スキャルFX
マックス岩本の1秒スキャルFX
タイトル:マックス岩本の1秒スキャルFX
販売:クロスリテイリング株式会社
内容:インジケーター、会員制サイト、動画、PDF etc
ブログ オリジナル特典:K_SwingTrading etc
マックス岩本の1秒スキャルFX【公式サイト】


基本情報

名称:マックス岩本の1秒スキャルFX

システムの戦略:通貨ペアの強弱を把握した上でのトレンドフォローシステム

対応通貨ペア:ユーロ・ドル・円・ポンド・豪ドル・カナダドル

時間足:5分足(他の足でも可能)

返金保証:なし

口座指定:特になし

1日のチャンス回数: 月に200回程度(1日平均10回程度)

価格:販売ページを確認→http://max-trader.s3.amazonaws.com/top/it.html


マックス岩本さんについて

彼は、デイトレMAXや
岩本式アダムTheoryマスタースクールの
開発者でもあります。


彼の経歴のポイントについては、
1秒スキャルFXの販売ページから
引用させていただきます。

その分かりやすい教育手法には定評あり、
FXのプロコーチと言われるほどに。

クロスリテイリングの講師陣の中でも、
最も人気のある講師の1人である。

テクニカル分析の研究も10年以上続けており、
日本テクニカルアナリスト協会の認定テクニカルアナリストの資格を持つ。

高度な研究をしながらも、中卒という学歴から這い上がり、
たくさんの失敗もした経験から、
初心者の目線を常に持ちながら教えるスタイルにファンも多い。




ちなみにテクニカルアナリストとはこのような資格です。

日本テクニカルアナリスト協会とは


『マックス岩本の1秒スキャルFX』のロジック

マックス岩本さんが、
テクニカルアナリストかつ初心者の目線と常に持つというスタイルで
1秒スキャルFXがテクニカルをベースにしたFX商材なので


1秒スキャルFXのロジック

インジケーターの長所短所



を明確にすることでこの商材の正体が見えてきます。

3つの主要なインジケーター

『マックス岩本の1秒スキャルFX』は
MetaTrader4用の複数インジケーターで構成されています。


主なインジケーターは以下の3つ

  • マックス・アベレージキャンドル
  • マックス・ジャッジメント
  • マックス・シングル・ボリンジャー



この3つのインジケーターを
MetaTrader4に表示させ、
マーケットのトレンド、通貨ペアの強弱、
買われすぎと売られすぎを判断して
トレードに活用していきます。




『マックス岩本の1秒スキャルFX』の概要を紹介すると、



●通貨間の強弱をチェック
(マックス・ジャッジメント)

●平均足の色でエントリー・決済
(マックス・アベレージキャンドル)

●さらにエントリー・決済を明確にするサポートツール
(マックス・シングル・ボリンジャー)



の3ツールを使いこなしていきます。



後で詳しく見ていきますが、
それぞれのインジケーターの
使い勝手はまずまず良いです。



ここから、
各インジケーターについて詳しく解説していきます。

1.マックス・アベレージキャンドル




『マックス岩本の1秒スキャルFX』の名前の由来は
1秒でトレードを判断できるから、1秒スキャルです。



1秒で判断する根拠はインジケーターの「色」です。


先ほどの画像を見れば分かるように
マックス・アベレージキャンドルは、
インジケーターの「色」を見て、瞬時に相場を判断して
エントリー可否を決めるツールです。





色が変わればエントリー、また色が変われば決済。
これだけです。





アベレージキャンドルというカタカナ英語を見れば
すぐに分かりますが、これは「平均足」です。



しかし、
ただの平均足インジケーターではなくて、
平均足Smoothedです。


平均足Smoothedとは?
平均足は、
ローソク足の終値と始値の平均値を算出し、
値動きそのものを平均化したテクニカル指標です。


ローソク足だけを見ているとトレンドや値動きの判断がしづらいのですが、
平均足を見ることでローソク足のノイズを排除し、判断を簡単にします。


ただし、


平均足だけで勝てるほどFXの世界は甘くありません。
平均足に沿ってトレードしてもダマしにあって、
ローソク足がエントリーと逆方向に向かい
苦しむトレーダーも少なくありません。


平均足Smoothedは
「平均足」の平均です。



平均足でもギザギザ上下に動き相場の判断がしにくい箇所でも
平均足Smoothedだと滑らかに動くので判断がしやすいです。


下の画像の一番右側を見れば一目瞭然です。



(引用:https://scenariofx.com/archives/481/



ただし平均足Smoothedは、平均足より反応が遅いというのが
逆にデメリットにもなり得ます。
色が変わる頃にはすでにトレンドが変わっていることも多いので、
エントリー・決済が遅れることもあります。




ですから「小さなトレンドに惑わされたくない」という視点では良いのですが、
「トレンド転換の初動を捉えたい」という視点ではオススメできません。




『マックス岩本の1秒スキャルFX』では、
平均足Smoothedと、実際の値動き(ロウソク足)を重ねた
ズレを元にトレンドを判断しています。










2.マックス・ジャッジメント




「マックス・ジャッジメント」は、
各通貨の強弱を見極めるためのインジケーターです。

通貨の強弱の差が大きい通貨ペアを選ぶことで
トレンドが発生する可能性を大きくします。


「マックス・ジャッジメント」では、
チャートの右上にいくつかの通貨の強弱を
一目でチェックできるように
先ほどの画像のように表示させます。


通貨の強弱の判断方法
通貨の強弱を見極める方法は
これまでも何度か紹介してきました。



2018年はクロス円が大波乱?マタフ(Mataf)で確認してみる

マタフ(Mataf)を使ったトレード手法とその見方

マタフを使った大学生が3か月で「億」を稼いだ、その方法は?



海外では、
通貨の強弱を判断するには
「マタフ」などのツールが活用されることが多いです。


メジャーなものはやはりマタフ(https://www.mataf.net/)の
カレンシーインデックス(Currency index)です。



例えばこのような画像になります。




「マックス・ジャッジメント」は、
マタフのようなグラフではなく
文字情報+不等号でチャート右上に
通貨の強弱を表示しています。




正直、マックス・ジャッジメントよりも、
マタフのカレンシーインデックス(Currency index)の方が、
瞬時に、かつ、時系列で判定できます。
ついでにボラティリティの推移も分かります。



もちろん「マックス・ジャッジメント」が
見にくい、使いにくいということではなく、
初心者が瞬時に「トレードすべき通貨ペア」を
選択するためツールとしては、
十分に機能していると思います。



※どうしてもMetaTrader4で、
カレンシーインデックスを表示させたいなら
Ku-Chartを導入してみてください。

【Ku-Chart】10億円トレーダーの収益が
格段に向上したKu-Chartの使い方と評価



3.マックス・シングル・ボリンジャー




1秒スキャルFXでは、
最初に「マックス・ジャッジメント」で
通貨間の強弱の確認と、通貨ペアを選定します。
次に「マックス・アベレージキャンドル」で
エントリー・決済を行うストラテジーです。



そこに
「マックス・シングル・ボリンジャー」という
ボリンジャーバンドをカスタマイズした
インジケーターを加えて
相場をより把握しやすくしています。



BBands Stopsというインジケーターがあるのですが、
それに近いイメージです。
BBands Stopsを導入した画像は以下です。





「BBands Stops」は
上昇トレンド発生時…−2σラインのみを表示
下降トレンド発生時…+2σラインのみを表示

させる機能があるので、
以下のような活用が可能です。


・トレードのストップ(損切り)の目安になる
・σラインの表示でトレンド転換が分かる




BBands Stopsと同じ機能だと想定できる
「マックス・シングル・ボリンジャー」は
他2つの主力ツールに比べて、
サポートツールの位置づけになります。


ただし、個人的にはボリンジャーバンドを
全面的に信頼することは避けるべきだという考えで、
参考程度のインジケーターにすべきかと考えています。


ボリンジャーバンドの間違った使い方で負け続けるトレーダー


マックス岩本の1秒スキャルFXの欠点

レンジ相場でのダマシ

『マックス岩本の1秒スキャルFX』は、
1秒で相場を判断できるトレンドフォローツールです。
個人的にはスキャルピングツールとは思っていません。




平均足Smoothedでトレンドを判断する前に
通貨の強弱差が大きい通貨ペアを選び、
トレンドが発生する可能性を高めていきます。


ただし、これでもトレンドのダマしを避けることは不可能です。


そもそも平均足Smoothedが
ローソク足の急激な変化に
敢えて連動しないような仕組みですので、



平均足Smoothedがトレンドと判断したタイミングが遅く
すでにローソク足が別のトレンドに突入して
ダマしに引っかかる、、という
損切りを連発しかねません。



このレンジ相場の克服が
唯一かつ最大の欠点です。



※ドラゴンストラテジーFXというトレンドフォローツールがあるのですが、
インステッド版という形で、通常よりダマしを避けれるのですが
1秒スキャルFXは、ツールとして完成されているので、
インステッド版のようなことがなかなか難しいかもしれません。



マックス岩本の1秒スキャルFXの利点

論理的なテクニカルインジケーター群

1秒スキャルFXの


通貨ペアの強弱の把握

トレンド転換の確認

エントリー・決済

ボリンジャーバンドでサポートする



というトレード手法は論理的で、
少なくても初心者トレーダーには
役立つであろうインジケーター群になっています。
そもそもトレンドフォローはトレーダーにとって
取り組みやすいものです。


スキャルピングとは、正直かけ離れた
デイトレード手法に近いものですが、
理にかなっているトレードです。



あとは実際問題として、
このツールの精度がどの程度高いかですね。
通貨間の強弱(マックス・ジャッジメント)
が理論式がどの程度妥当なのか。
平均足(マックス・アベレージキャンドル)
がどの程度トレンドを捉えているか。

ですね。


1秒スキャルFX
http://max-trader.s3.amazonaws.com/top/it.html



1秒スキャルFXが向いている人

1秒スキャルFXはこんな人に向いています。
  • ●通貨ペアの強弱を瞬時に知りたい人
  • ●トレンドフォロートレードをしたい人
  • ●テクニカルトレードが好きな人


逆にこんな人に向いてません。購入するのをやめましょう。
  • ●レンジ相場を勝ちたい人
  • ●マニュアル・動画通りに実践できない人
  • ●早く手っ取り早く稼ぎたい人

1秒スキャルFX
http://max-trader.s3.amazonaws.com/top/it.html



お問い合わせ

ご相談、ご質問があればこちらまでお気軽におたずねください。

お問い合わせ

お支払方法

   
銀行振込・コンビニ決済の他に、クレジットカードでも購入可能です。

購入特典

1秒スキャルFXを購入したら、この購入特典で
トレード生活をさらに充実させます。

次のものを購入特典としてプレゼントさせていただきます。

 

【独自特典1】Adaptive-Cyber-Cycle-Divergence
【独自特典2】K_SwingTrading
【独自特典3】K_BreakOutTrading
【独自特典4】K-BO2nd(バイナリーオプション1分足手法)
【独自特典5】かなり価値のあるPDFレポート12個
【独自特典6】ParadiseEA(完全オリジナルEA)
【独自特典7】Fibonacci_Bollinger_Bands(完全オリジナルインジケーター)
【独自特典8】お金が無い不安と、渇望を消すマネータッピング
【独自特典9】ゆうすけ式1分バイナリ手法
【独自特典10】バルサラの破産確率のエクセルプログラム
【独自特典11】KTBoT
【独自特典12】k_trend_filter
【独自特典13】k_invincible

特典の入手方法はこちらを見てください↓

購入特典



販売サイト

※購入確認画面に「K_SwingTrading」インジケーター含めた
購入特典プレゼント画面があることを確認してください。


1秒スキャルFX
マックス岩本の1秒スキャルFX
タイトル:マックス岩本の1秒スキャルFX
販売:クロスリテイリング株式会社
内容:インジケーター、会員制サイト、動画、PDF etc
ブログ オリジナル特典:K_SwingTrading etc
マックス岩本の1秒スキャルFX【公式サイト】


 

あなたへの合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします