ハーモニックパターンで見たドル円(7月第2週)

先週のチャート振返り(ハーモニックパターン、ダイバージェンスなど)と7/11以降の予測

先週のトレード結果はどうでしたか?

ここでは先週のチャート画像を用いて

  • ハーモニックパターン
  • ダイバージェンス
  • K_SwingTrading

を使ってドル円とユーロドルの先週のチャートを振り返りながら、今週からのマーケット・チャートの分析を行ったので紹介します。

ハーモニックパターンについては以下の記事を参考にしてください。

ハーモニックパターン

この記事はハーモニックパターンについて日本一分かりやすい記事を目指しています。 ネオ・ジーニアスFXの検証記事や人数限定のネオ・ジーニアスFXラインEAについては以下の検証記事をご覧ください。↓ ネオ・ジーニアスFXのスイン[…]

先週のチャート振り返りと7/11以降のチャート予測

ドル円1時間足

ハーモニックパターン

ハーモニックパターン検出ツールを使ってチャートを見てみると以下のようになります。

ハーモニックパターンで見たドル円(7月第2週)
ハーモニックパターンで見たドル円(7月第2週)

直近ではオレンジ色の三角形のようなハーモニックパターン(下降トレンド)が検知出来ました。ただ、ドル円は基本的に上昇トレンドの要素が多いので、あまり真に受けるようなハーモニックパターンではありません。

IMMの記事

記録的なドル円の動きと今後の見通しは? 止まらぬ円安、50年ぶりの円安 暮らしへの影響や今後の見通しは? この記事を書いている2022年7月はこういうニュースを聞くことがありますが、今年3月ごろからずっ[…]

IMMデータ+ドル円のグラフ(7月10日時点)

ダイバージェンス

ダイバージェンスで見たドル円(7月第2週)
ダイバージェンスで見たドル円(7月第2週)

メインウィンドウとサブウィンドウにある青い線と赤い線がダイバージェンスの箇所です。この線が出現するとダイバージェンスの発生可能性としてトレンドの転換ポイントになる可能性がありますが、ドル円が上昇トレンドの基調があるのでダイバージェンスでも今後上昇するダイバージェンスがねらい目ですね(チャートでいう青い線のところ)。

K_SwingTrading

K_SwingTradingで見たドル円(7月第2週)
K_SwingTradingで見たドル円(7月第2週)

チャート画像にある雲はK_SwingTradingという当サイトオリジナルツールですが、このツールとトレンドフィルター(k_trend_fileter)を組み合わせた自動売買を行うと107pipsのマイナスでした。。タイムソリューションEAの方が良いパフォーマンスですね。ダイバージェンス(Adaptive-Cyber-Cycle-Divergence)を加えるとより良くなると思います。

7/11以降のドル円の動き

先週は1週間を通してドル円は上昇しています。以下の日足チャートを見てください。

7/11以降も基本的に上昇トレンドを狙っていき、4時間足、1時間足、15分足などのトレンドを把握してその都度トレンドを把握する方が良いと思います。

K-SwingTradingの雲の色の変わり目を狙うのが良いと思いますが、現時点では赤色から青色に変わったタイミング(上昇トレンドのタイミング)を狙う方が良いかもしれません。

IMMのデータを見て分析するのもいいと思います。私が見る限りはドル円は投機筋ポジションの変化が見れましたが、定期的にデータをウォッチしないと何とも言えません。

IMMのデータ分析や1時間足の詳細分析結果についてはフィボナッチソリューションの会員サイトで記事にする予定です。

ファンダメンタルズ分析の観点では以下の要素があり、上昇が続く要素が多いです。

  1. 米FRBによる金融引き締めスタンスの明確化
  2. 日銀による金融緩和政策の長期化姿勢
  3. 本邦経常収支悪化に伴う構造的な円売り圧力
  4. 世界各国と日本との金融政策格差

ユーロドル1時間足

ハーモニックパターン

ハーモニックパターンで見たユーロドル(7月第2週)
ハーモニックパターンで見たユーロドル(7月第2週)

青色のハーモニックパターン(形成後上昇トレンド)があるのですが、ユーロドルが強い下降トレンドなので機能していません。また直近も、ハーモニックパターンは表示されていません。

ダイバージェンス

ダイバージェンスで見たユーロドル(7月第2週)
ダイバージェンスで見たユーロドル(7月第2週)

青色の直線がダイバージェンス(上昇トレンド)ですが、一時的に上昇した程度で本格的な上昇ではありませんし、このチャートの後は大きく下降しています。

K_SwingTrading

K_SwingTradingで見たユーロドル(7月第2週)
K_SwingTradingで見たユーロドル(7月第2週)

K_SwingTradingの雲の色の変わり目(青色⇒赤色)でエントリーしてチャネルラインの端で決済するとそれなりに勝てるのですが、トレンドフィルター(k_trend_fileter)を組み合わせて自動売買を行うと残念ながら36pipsのマイナスです。

7/11以降のユーロドルの動き

以下の日足チャートを見てください。

赤い雲(下降トレンド中)で大きく下がり、青い雲(上昇トレンド)では、そこまで上昇していない事が分かります。。ファンダメンタルズ情報を見ると以下のようになります。

  1. ロシアを巡る地政学的リスクの長期化懸念(資源価格の上昇リスク)
  2. 欧州経済の先行き不透明感
  3. 米FRBによるタカ派傾斜観測

ユーロドルとしては下降する傾向がありそうです。

FX情報商材で正しく勝つために

FX、BO商材で損しないために、プロトレーダーと肩を並べるために何を購入してオリジナル特典を手に入れるべきか。

以下のFX商材のパフォーマンスを見て検討してみてください。

Ahead-AI

当サイトでは期間限定でAI(人工知能)、botと対峙するためのトレード手法としてAhead-AIを紹介しています。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://kuroda-yuusuke.com/comm[…]

タイムソリューションEA

この記事では タイムソリューションEA について、最近のフォワードテスト結果を紹介します。 タイムソリューションはティック単位の動きを見るので証券会社ごとにティック単位の動きが違っていたらパフォーマンスが異なってきます[…]

タイムソリューションEA:累積結果(7月)
福猫バイナリーツール

福猫バイナリーツールの最新トレード検証 当サイトでは定期的に福猫バイナリーツールの検証結果を紹介しています。この記事では福猫バイナリーツールを一定のルールで朝から夕方までトレードした場合の検証結果、トレードがイメージできる画像を紹介します[…]

福猫バイナリー:ユーロドル(6/30)
トワイライトゾーン

トワイライトゾーンFXという、奥村尚さんのトレード手法・ツールを用いたFX商材があります。 高評価のツールなのですが当サイトでは購入特典としてEAをお渡ししていて、その結果を紹介します。以下の記事の続きになります。 [sitec[…]

トワイライトゾーンEA:バックテスト(ポンド円、2022年6月その2)
(合法的ワイロ)FX商材をパワーアップさせる購入特典
先に一部無料でプレゼントします
実際のオリジナル特典を手にした人の声

評価:●有料商材よりも勝ちやすいです
●こんなに多くの特典をもらうのは初めてで、お得感が半端じゃありません。
●無料の割に期待できそうです(笑)
●驚きと喜びにて、購入して本当に良かったと大満足しています。
●他のサイトで購入してしまったFX商材。。オリジナル購入特典だけ購入できませんか?

と評価されることもある購入特典(インジケーター、バイナリー手法)を、先に無料サンプルとして一部だけもらいませんか?
メルマガだけでお伝えする極秘情報、最新情報も手に入ります。

今すぐFX商材をパワーアップさせる購入特典を手にしませんか?このオリジナル特典の無料サンプルは、そのための合法的ワイロです。

ハーモニックパターンで見たドル円(7月第2週)
最新情報をチェックしよう!