RSI:ドル円1時間足

【ボリンジャーバンド×RSI】大きな会社の運営サイトで紹介されているトレード手法は勝てるのか?

勝てるトレード手法はどこにある?

巷では色んなトレード手法が紹介されていますが、どのトレード手法が勝てるのでしょうか?
ど個人が開発しているトレード手法よりも、大手のサイト・大規模なサイトのトレード手法を信じたくなります。

ここではもっともらしい金融・投資メディアで紹介されているトレード手法がどの程度勝てそうなのかを検証してみましょう。

どこのサイトに掲載されているトレード手法?

今回検証するトレード手法は、以下のサイトで紹介されている手法です。

HEDGE GUIDE

RSIはインジケーターの一つで、主に「買われすぎ」や「売られすぎ」を見極めるための指標として利用されています。ボリンジャ…

資本金2千万円の会社が運営しているサイトで、それなりに規模が大きい会社です。また、トレード手法そのものを紹介している人は以下のようなプロフィールです。

2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。

ボリンジャーバンドとRSIを組み合わせたスイングトレード

検証するトレード手法は、ボリンジャーバンドとRSIを組み合わせた手法です。それぞれの指標についてはご存じの方も多いと思いますが簡単に紹介します。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは移動平均線を基準として、その上下に標準偏差のラインを表示することで、価格が変動する範囲を統計学的な視点から予測するインジケーターです。統計学的な観点から見ると、値動きは大体の場合この標準偏差の中に収まります。ボリンジャーバンドはこの性質を利用したテクニカル指標です。過去のデータから未来の価格変動範囲を予測できます。

逆張りで使用するトレーダーも多いと思いますが、本来はトレンドフォローで使うテクニカル指標です。

RSI(relative-strength-index)

これはひと言で言うと、売られすぎと買われすぎを表す指標です。RSIが70~80%を上回った場合は相場の「買われすぎ」と見なすことができます。反対にRSIが20~30%を下回った場合は相場の「売られすぎ」と見なすことができます。相場の勢いを数値として表しているため、初心者にとっても利用しやすいインジケーターとなっています。

確かに多くの相場はこのRSIを使えるのですが、RSIが買われすぎや売られすぎと言っていても、さらに買われたり売られたりすることもあります。

逆張りトレードで使用している場合は、含み損が膨らみナンピンなどを行いイチかバチかの勝負にかける初心者トレーダーもいらっしゃいます。

組み合わせたトレード手法の中身

トレード手法は以下のようです。

  1. 環境分析を行う
  2. ボリンジャーバンド±2σを超えるタイミングを待つ
  3. RSIでエントリータイミングを待つ
  4. ボリンジャーバンドと重要ラインで決済ポイントを決定する

4時間足でボリンジャーバンドを見ながら-2σ、もしくは+3σを超えた時を確認します。1時間足でRSIの買われすぎ、売られすぎを確認して逆張りでトレードするイメージです。

具体例で検証していきましょう。

ドル円

4時間足を見てみます。オレンジ色のラインがボリンジャーバンドです。

ボリンジャーバンド:ドル円4時間足
ボリンジャーバンド:ドル円4時間足

赤い枠で囲ったところが、ボリンジャーバンドの-2σを超えたところです。続いてこの赤い枠の1つ付近での1時間足を見てみます。

RSI:ドル円1時間足
RSI:ドル円1時間足

RSIが30のラインを下から上にブレイクするタイミングでエントリーすると勝てそうです。利確ラインを欲張らなければ、最大50pips~60pipsは勝てそうです。他のタイミングでも検証していきましょう。

ユーロドルその1

ボリンジャーバンド:ユーロドル4時間足
ボリンジャーバンド:ユーロドル4時間足

右側の赤い枠の方は3σも超えましたので、このタイミングでRSIを見ていきましょう。

RSI:ユーロドル1時間足その1
RSI:ユーロドル1時間足その1

RSIの70のラインを上から下にブレイクするタイミングで勝てそうです。先ほどのチャートと同じく、どこを利確ラインにするかが結構大事です。欲張るとこの後大きく上昇して大負けする事になります。

4時間足のチャート画像にある左側の赤い枠でも見てみましょう。

ユーロドルその2

RSI:ユーロドル1時間足その2
RSI:ユーロドル1時間足その2

ずっとポジション保有していれば勝てるのですが、実際に想定していたローソク足の動きにはならないと思います。一時的に50pips程度の含み損を抱えるので、その時点でもポジション保有できるかが勝敗の分かれ道になりそうです。

ボリンジャーバンド×RSI手法の評価

今回検証した手法は4時間足と1時間足を見るので、頻繁にトレードができるわけではありません。1日1回程度です。
4時間足でボリンジャーバンドを見て1時間足でRSIを見るという手法はベーシックながらも的を得ている手法ですが、簡単に検証するだけでも50pips程度の含み損を抱える事があり得ます。
どんな通貨ペアでも1年に数回はずっと買われたり売られたりする場面がありますので、その時にこのトレード手法を使ってしまうとかなりの含み損を抱える事が考えられます。
適切なリスクリワードを取りながらトレードしないといけませんね。
(合法的ワイロ)FX商材をパワーアップさせる購入特典
先に一部無料でプレゼントします
実際のオリジナル特典を手にした人の声

評価:●有料商材よりも勝ちやすいです
●こんなに多くの特典をもらうのは初めてで、お得感が半端じゃありません。
●無料の割に期待できそうです(笑)
●驚きと喜びにて、購入して本当に良かったと大満足しています。
●他のサイトで購入してしまったFX商材。。オリジナル購入特典だけ購入できませんか?

と評価されることもある購入特典(インジケーター、バイナリー手法)を、先に無料サンプルとして一部だけもらいませんか?
メルマガだけでお伝えする極秘情報、最新情報も手に入ります。

今すぐFX商材をパワーアップさせる購入特典を手にしませんか?このオリジナル特典の無料サンプルは、そのための合法的ワイロです。

RSI:ドル円1時間足
最新情報をチェックしよう!