NO IMAGE

ブレイクアウトの勝率をシンプル、再現性高く上げる方法

ブレイクアウトのトレード手法と言えば、
知らないトレーダーはほとんどいないでしょう。

水平ラインを引いて、
レンジ相場・ボックス相場のローソク足がラインを割った時にエントリーして、
ブレイクアウトのエネルギーを使って利益を取る手法です。

でも、ラインのブレイク⇒エントリーをしても
なかなか勝てません。

何故か?

罠、ダマし

考えればわかることなのですが、
ラインを抜けたらいつも値が伸びるのではありません。

いわゆる「ダマシ」が多いからです。
それもたまにではありません。だいたいのブレイクアウトが
ダマし、罠です。

ダマしのブレークアウトに合うと、
ほんの少しラインを抜けた後にすぐにレンジ相場に逆戻りします。

なので
「ブレイクアウト?稼げるらしいよ」
とだけ考えて、単純にラインブレイク⇒エントリー
をしても勝てません。

どうやったらダマしを防げて勝率を上げれるのか。
キーポイントは

・トレード時間
・チャートリーディング

です。

マルチタイム分析、ボラティリティ相場

他のブログですでに良い手法が紹介されていたので、
そこにプラスアルファしてトレード手法を紹介します。

こちらの記事↓
https://fx-works.jp/category/syuhou/detail.html$/pid/4638/?pc_mode=1

簡単に言うと、
トレンドを確認しながら
マルチタイム分析を行い、

15分足のブレイク、5分足のブレイクを確認し
エントリーするものです。

引用させていただきますと

1.まず最初に、4時間足の移動平均線「25MA」で相場の方向を確認します。
2.次に15分足でもみ合っている「ボックス」を見つけます。
3.例えばショートだったら、15分足の終値ブレイク、次の足(2本目)で陽線が出るのを待ちます。
4.2本目で陽線が出たら、次は5分足に切り替えます。
5.そして、15分足の安値を、5分足終値で抜けたら売りエントリーです。

勝率は50%程度なので、
普通にトレードするよりは勝率が上がる可能性があります。

もう1つ。
ボラティリティ相場が発生しやすい時間帯でトレードすべきです。

具体的に言うと、
ロンドンセッション、
ニューヨークセッション、

の時間帯でトレードするほうがボラティリティが比較的高いです。

ロンドンセッションは
16:00~1:00(4月~10月)、
17:00~2:00(11月~3月)。

ニューヨークセッションは
21:00~6:00(4月~10月)
22:00~7:00(11月~3月)。

の時間帯と考えてください。

これらマルチタイム分析とトレード時間帯を変えるだけで
かなり変わるでしょう。

デメリットもあります

勝率は50%とは言え、当然デメリットもあります。

それは
エントリー回数が少ないこと
です。

具体的には月に5回程度。
1週間に1トレード程度です。

そのため、ポジポジ病を持っていたら
なかなかキツいです。

ちなみに引用先のURLに記載している結果で
シミュレーションを行うと、
1か月で140pips程度のプラス。

正直なかなかイヤなデメリットですね。

P.S.

トレードをビジネスとして考えることができ、
分析ツールに投資できるトレーダーさんなら、
下に紹介するツールを使うほうが
エントリー回数、再現性の両方とも高い事実があります。

パラダイム・トレーダーFX【検証とレビュー】評価・・3つ星

⇒僕も投資代金は回収できています。1トレードで。
あ、でも2月15日でこのツールは無くなります。

(合法的ワイロ)先に無料で、オリジナル特典インジケーター(一部)を手に入れる

 

実際のオリジナル特典を手にした人の声

評価:●有料商材よりも勝ちやすいです
●こんなに多くの特典をもらうのは初めてで、お得感が半端じゃありません。
●無料の割に期待できそうです(笑)
●驚きと喜びにて、購入して本当に良かったと大満足しています。
●他のサイトで購入してしまったFX商材。。オリジナル購入特典だけ購入できませんか?

と評価されることもある購入特典(インジケーター、バイナリー手法)を、先に無料サンプルとして一部だけもらいませんか?

メルマガだけでお伝えする情報と当サイトの最新情報も手に入ります。

共に勝って、共に失敗を減らしませんか?このオリジナル特典の無料サンプルは、そのための合法的ワイロです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!