人間の本能はトレードに負けるようにできてるので
9割のトレーダーが負ける主な理由となっています。


トレードに最低限必要なマインドセットについて紹介していきます。


今回は「感情の封印の重要さとその封印する方法」について。

なぜ感情がトレードの邪魔をするのか

トレードはロボットのように淡々と実践すると勝ちやすい、
という話を聞いたことありますか?


じゃあなぜ淡々とすると勝ちやすいのか、
逆に一喜一憂すると負けやすいのか、
分かりますか?




これは人間の感情・本能がトレードに負けやすいようにできているからです。

人は損したくない

これは例外なく誰もがみんな持っている感情なのですが、
お金のことに関しては1円たりとも損したくないんですね。

(なので、みんな「無料」が大好きです。)


トレードでも損したくないんです。
もっと言うと「損を確定させたくない」のです。


なので、トレードをしていたら必ず起きる
「損切り」は苦痛を伴います。
損を確定させる行為だからです。

人は得をしたい

これは例外なく誰もがみんな持っている感情で、
お金で得したいんですね。


トレードで言うと「早く利益確定したい」のです。


なので、本当は100円でも勝てば利益確定したくなりますし、
利益確定しなかったら1000勝てますよと言われても、
未来はどうなるか分からず恐いので
できれば100円でも利益確定したくなります。


利益が出ている状態を放置しておくのは苦痛を伴います。

安心してください

トレードで負けている方の話を聞くと


●コツコツドカンと負ける
●損切りができない
●利益確定が早すぎて



という方がとても多いのですが、
仕方ありません。


あなたのせいではなくて、人間の本能・感情のせいなのです。
逆に言うと、感情を封印できれば、それだけで勝ちやすくなります。

トレードで感情を封印する方法

感情を封印する方法はいくつかあるのですが、
一番とっつきやすい方法は、


●明確で勝てそうなトレードルールを作ること


です。


未来を見ながらトレードはできないのですが、
今までの実績からして勝てそうなトレード手法があって、
その手法が明確なものだと、少し信頼できますよね。


「自分の感情とは違う手法だけど、勝てるかもしれない」


こう思えて、それが実践できたらトレードの結果が変わってきます。


何の根拠も無く、
・ローソク足が勢いよく上がっていったから買ってみた
・ローソク足が勢いよく下がっていったから売ってみた
・ローソク足が自分の思う方向と違っていたけど、いつか戻ると信じて損切りしない
などのようにしてしまう方は参考にしてください。

 

あなたへの合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします