ここではトレードに最低限必要なマインドセットについて紹介していきます。


今回は、「FXチャート分析において過去は過去」について。

過去から学ぶが、過去を引きずらない

エントリー

負ける

損切り


エントリー

勝つ

利食い



あの時のトレードを振り返り
負けた原因、勝った原因を探り
次のトレードに活かすのはとても有効です。


一番の学びは自分のトレード結果です。


しかし、
例えば直近のトレードで8連敗した。
逆に直近のトレードで10連勝した。


そうした時に、
怒りや悲しみ、
喜びやうぬぼれを抱えずに
次のトレードに臨めますか?

どうにも止められない行動は過去を引きずるから

トレードで勝つか負けるか。
この9割は心理的なもので決まると言われています。


トレーダーは誰でも過去の経験から今の行動を決めてしまいます。


過去の経験が普通だったらいいのですが、
あまりにうまく行かないトレードをずっと繰り返していたら
過去が気になり
エントリーに優柔不断が生まれたり、
早すぎる利確、遅すぎる損切りを繰り返し
さらに負けていきます。

それが普通です。



しかし、
優秀なスポーツ選手は、
今、この瞬間に集中しています。


過去から学びきったら
過去に引っ張られないし、
未来に変な期待もしないから、
結果勝てるのです。


あぁだこぉだ考えながらスポーツしている人が
勝てるなんて話聞いた事がありません。



FXのトレードにおいても
チャートを分析し終わったら
今のエントリーや決済に集中する必要があります。


チャート分析でも過去は過去

チャート分析においても同じです。
過去にどれだけ勝率よく分析できていても
次に勝てる保証はありません。



自分がチャート分析ソフトや商材を買った途端に
成績が振るわなくなったというのもよくある話です。



だからこそ、逆に早く実践する必要があります。



ビットコインも17年8月現在の価格は50万円弱。
6か月前の10万円程度から、およそ5倍に跳ね上がりました。
ここまで暴騰すると、今から手を出すのは、さらに難しくなります。
早くに購入した人は直近の値上がり値下がりなど気にしないでしょう。



FXの分析ソフトや商材も同じです。


今のところ勝ち続けているインジケーターがあっても、
それはそれとして早くトライしてみる。
そこで勝てたら、使い続けたらいいし
勝てなければソフトへの投資に失敗したと思い諦める。


トライするタイミングが遅ければ遅いほど
失敗する確率も上がってきます。


 

あなたへの合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします