トレードをビジネスとして見る


「トレードで生計を立てたい」


というのは、多くのトレーダーが持つ
夢や目標であり、
FX商材での宣伝文句としても出てきますし
僕への問い合わせでもしばしば相談をもらう内容です。



トレードで生計を立てるというのは、
トレードをビジネスとして考えることになると思うのですが、
ビジネスでは色んな経費が発生します。


トレードでも

・取引手数料
・パソコン代
・FXツールなどのソフトウェア購入代金
・有料セミナー代(僕は行きませんが)


などの経費が発生します。



そのため、トレードでプラマイゼロの収支だったとしても
それはビジネス的にはマイナスで
いつかそのビジネスは頓挫します。


トレードに用意する資金

トレード資金が多ければ、
最初何も知らない初心者トレーダーでも
初歩的なミスを犯すことができます。



仮にトレード手法に欠陥があったとしても
手法を変更して取り組むことができます。


少ない資金でトレードを始めると
相場が変動したりスランプに陥ったりすると、
そこで詰んでしまいますし、
経費をかけてトレーダーとして
成長することが出来なくなります。


トレード手法を変更するにしても
せいぜいネットで無料で掲載されている
手法を取り入れる程度です。



損切ることも極端に恐れるようになるので
アグレッシブなトレードなどできず、
例えば結果として損切り貧乏になったりします。


いつか詳しく紹介したいのですが
確率論の観点で言うと、
勝率80%の手法でも
トレードで2連敗することなど
1年間で見ると50回程度とザラにあります。



4連敗することも1年で2回程度発生します。


そのため、
少ない資金なのに生計を立てよう!
と意気込んで
大きなリターンと
人生一発逆転を狙ってトレードして、
一度連敗すると途端に頓挫します。




トレードのためにいくらの資金を用意すべきか、
という問題の答えは人それぞれなので
ここには書けないのですが、
少なくてもFX商材の販売ページにあるような


5万円から始めれます
10万円から始めれます



という言葉は真に受けない方が良いと思います。
パチンコのような感覚で遊び程度に
トレードするならもちろん問題ないのですが、
ビジネスとしてトレードするのには
リスクが高いと思います。


少ない資金でトレードを始めれますが、
少ない資金で稼ぐことができる保証はありません。


トレードで生計を立てるのはまだ早い


「アンダートレード」つまりトレードする枚数を抑えることが重要だ


という言葉を残している
ブルースコフナーというトレーダーがいるのですが、
この人に限らず
小さいポジションでトレードすることを
奨励する世界的なトレーダーは多いです。


まずは小さいポジションで
トレードを継続して
経費を差し引いて収支がトントンになること目指すべきで、
トレードで生計を立てるのは
はるかに先の話です。




また、先ほどのトレード資金を
多く用意することと一見矛盾するのですが、
トレード資金をすべて失っても
何ら生活に支障をきたさない金額で始めるべきです。



逆に生活に支障をきたすような金額で
トレードを始めると、
トレードミスが出来ませんし
損切りも出来ません。
ストレスも半端なくなり
トレードで成功する確率は極端に低くなります。



理想だけ言うと、
生活に支障をきたさず、
スランプに陥ってもしばらく耐えれて、
必要ならば新しいFX商材も購入して、
色々なトレードを試せるような
資金を用意すべきなのですが、

それってそもそも
ある程度の資産家じゃないと
トレードできないのでは、、
という個人投資家には厳しい結論になってしまいます。



じゃあ僕はどうしてるのかというと、
FX商材人気ランキングの上位にあるような
有意に勝てているFX商材で
乗り切っています。


 

あなたへの合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします