みんなの外為とかいくつかのサイトで
「予想」ってやってますよね。



この予想っていうものはギャンブル気分や遊び感覚でやるには、
全然問題などありませんが、
ガチでやろうとするとけっこう難しいものです。


金利動向、
要人の発言、
直近の政策、
マーケットのトレンド、
指標の発表、


などなど、
かなり色んな要素があって、
さらにトレーダーがそれらをどう評価するかによって、
値動きが決まってきます。



この「評価」というものがくせ者で、
いくらでも解釈を変えれるものです。
ドル円で売りたい人は
その観点から評価したがりますし、
買いたい人はその観点から評価します。




マーケットに影響があるトレーダーがどのように考えるか、
それを事前に予想することが困難なことは
少し想像すれば誰でもわかります。



なので個人的な意見ですが、
「予想などムダ、やる意味がない」
です。


ルールに沿ったトレードか or 反応を早くするべき

なので、考え方を変えるべきです。
考え方を変えて「楽に確実に」を求めるべきです。



その1つが「反応を早くする」

これは経済指標発表などのイベント時に有効なのですが、
値動きを見てから、それを即座に追っていく方法です。



具体的な説明は不要かもしれませんが、
こういうトレードで勝つということです。



雇用統計などイベントでのトレードの仕方



ルールに沿ったトレード

これはこのブログでおススメしている方法です。
ツールやトレードマニュアルを手に入れて、
それに沿って淡々とトレードしていくものです。



自分でイチから検証されてないトレード方法を考えるよりも
すでに稼げている方法を取り入れるイメージです。


(目的に対して自分で歩いていくのか、新幹線or飛行機で行くのか)


このブログで無料でプレゼントしている
K_SwingTrading
なかなか有用なインジケーターで
ルール通りにトレードしてそれなりの成績をゲットできています。



【+910pips】 K_SwingTradingの5/5トレード検証


K_SwingTradingの7/15トレード検証(+1300pips=68192円)


K_SwingTradingの8/10トレード検証(+728pips=36419円)


K_SwingTradingの基本ルールは以下です。

ルール1:
雲の色に沿ってエントリーする(青色:買い、赤色:売り)

ルール2:
雲の色に逆行して、雲の幅の半分を超えたら
雲の色の示す方向と逆方向にエントリー


K_SwingTradingの使い方はこちらを見てください↓

K_SwingTradingの取扱説明書



K_SwingTradingはこのブログの購入特典として無料で配っていますが、
損しないために、プロトレーダーと肩を並べるために何を購入したらいいか?


レビューページ



ブラックAIストラテジーFX

 

あなたへの合法的ワイロ

 

厳選FX商材 検証結果記事一覧