世の中にはFXに関する本や商材、DVDや講座が溢れていますね。
特にFX商材で顕著なのですが、
これらの商品から学べば学ぶほど、自分の中に
負け組のマインドセットが組み込まれてくることに
どれだけの方が気づいているでしょうか。



そのマインドセットの正体に気付いた上でFX商材を使うのと
何も考えずにFX商材を使うのとでは、
雲泥の差が出てきますので、ここで紹介します。


FX商品に欠かせない「勝った姿」こそが諸悪の根源

特にFX商材に顕著なのですが、


●ツールに従うだけで勝率90%
●1年で10000pipsの利益
●1年で2000万円儲かりました



みたいな宣伝を見かけるのですが、こういう話を聞くと
「勝つのが当たり前」みたいな感覚になります。
勝った姿を想像するとFX商材で勝つのが当たり前になり、
そうすると「どれだけ早く勝てるか」という欲に囚われます。


早く大金を稼ぎたいというのは人類共通の欲望です。



その後、トレーダーはどういう行動に出るか?というと


ロット数、レバレッジ、投資資金などを大きくします。
もちろんそれで大きく勝てる時もあるのですが、
当然大きく負ける時が出てきます。


すると勝った姿や勝った後のイメージから遠のくので、
さらにロット数を大きくしてトレードしていきます。
ここまでくるともはやギャンブルと同じ発想になってきているので、
99%の確率でトレーダーを引退することになります。


勝者は負けた姿、リスクを優先して想像する

平均的なトレーダーは勝つ姿や勝った後のストレスから解放される姿をイメージします。


例えばこんな感じ。

(引用:ドラゴンストラテジーFX)



楽しいイメージを想像するのは悪くはないと思うのですが、
トレードで勝つ、という観点では悪い方にしか作用しません。



勝つトレーダーはトレードにおけるリスクをどれだけ小さくするか、
という観点で見ています。



早くお金持ちになりたい欲も持っているのですが、
それよりも早くお金持ちになるための方法にどれだけリスクがあるか、
リスクが高すぎる場合はそのようなトレードをそもそもしません。




勝った姿やストレスから解放された姿をイメージして、
未来に希望を持つのは良いことだと思うのですが、
そこで欲が出てきてリスクの高すぎるトレードを行うことが問題です。

FX商材の勝ちアピールはほどほどに捉える

当たり前なのですが、
FX商材やFXに関連する本に書いている
勝ちアピールはほどほどに捉えておいた方が良いです。


勝ちアピールをウソだらけ、サギだろ、
と決めつけるのではなく
「ふーん、そんな成績も出せるんかなぁ」
と言った、ひとまず受け入れるイメージです。



FX商材によっては、確かにトレードが勝ちやすくなるものはあります。
なのでサギと決めつけてFXで勝てる可能性を除外するのは勿体ないです。



勝ちアピールはいったん受け入れておいて、
販売ページやこのブログを見てみて、
リスクはどの程度あるのか、という点も重視してみるだけで、
FX商材を効果的に使えるようになります。



少なくても、
FX商材の勝ちアピールをまともに信じて、
「これでトレードしたのに、勝てないじゃないか」
と思って破滅的なトレードをするのはやめましょう。

 

あなたへの合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします