ここでは自分の悪い癖の分析が
どれほどその後のトレード生活に影響を及ぼすかを見ていきます。



悪い癖とは何か

誰でも自分の癖を持っています。
癖そのものは良い悪いは無くて
その人の特徴やアイデンティティになっていますが、


トレードで稼ぐ・勝ち続けるという観点で
癖が悪い風に働くと問題ですね。



悪い癖というものは人それぞれ違うのですが、
誰もが例外なく本能として持っている癖があります。


その癖は、プロスペクト理論で説明されます。


プロスペクト理論とは意思決定モデルの一つで、

 
プロスペクト理論(プロスペクトりろん、英: Prospect theory)は、
不確実性下における意思決定モデルの一つ。
選択の結果得られる利益もしくは被る損害および、
それら確率が既知の状況下において、
人がどのような選択をするか記述するモデルである。

行動経済学における代表的な成果としてよく知られている。
期待効用仮説にたいして、心理学により現実的な理論として、
1979年にダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーによって展開された。
カーネマンは2002年、ノーベル経済学賞を受賞している。
引用:wikipedia



引用したwikipediaにも書いていますが、

あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。
選択肢A:100万円が無条件で手に入る。
選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。



この場合、多くの人が選択肢Aを選ぶこともプロスペクト理論で説明されます。


トレードの観点で一言で言うと、
損大利小です。
(損小利大ではなく。)


利益はすぐに確定したくなるし、
損失は塩漬けしたくなるのが
普通のトレーダーです。




ちなみにビギナーズラックという言葉がありますが、
トレードを始めたばかりのビギナーが
何故かよく勝つという現象があります。


ビギナーさんが
トレーダーとして何も知らないとしても、
それ以上に悪い癖がないことが作用して、
意外に勝てるのです。



それくらいトレードの悪い癖というのは
トレードのパフォーマンスに影響を及ぼします。



負けるトレードには意外と共通点が多い

先ほど紹介したプロスペクト理論以外にも、
多くのトレーダーが持っている悪い癖があります。


それは過ぎたトレードを忘れることです。


勝ったトレードは喜び、
負けたトレードは忘れて
無かったことにします。



「何で負けたのか?」と考えて
自分の負けトレードを分析しているトレーダーは
負ける理由には共通点が意外と多い事実に気づいています。


これは良いことで、
その共通している癖を治すだけで
パフォーマンスが劇的に変わり得ます。



ちなみに、
上級トレーダーは初心者以上に
多くの負けトレードを経験しています。
ですが、初心者と決定的に違うところは
負けトレードを分析して、
トレードのPDCAを回しています。


悪い癖の見つけ方、治し方

悪い癖の見つけ方は
どういう形でも良いのですが、
例えばトレード⽇記帖などを
1か月でもつけていたらその共通点(クセ)が見えてきます。



癖が見えてきたら
頑張ってそれを避ける行動を繰り返していくと
その内、その行動に慣れてきて
悪い癖を抜いたトレードができるようになってきます。



もう1つの方法は、
ツールを使うことです。



例えばブラックAIストラテジーFX
プロフェッショナルトリガーFXなどは
エントリーから決済まで
完全に指示された通りにするだけのツールなので、
自分の悪い癖が入る余地がありません。


今まで、自分の完全裁量トレードで
負けまくっていたら
こういうツールを使うのもありかもしれません。


 

あなたへの合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします