日本証券業協会、「お金のセンス」を測るウェブテストの結果を公表

 
日本証券業協会は、 “人生100年時代”を見据えて、 これからのお金との向き合い方や証券投資について学び、 考えてもらうことを目的とした取り組み『100年大学 お金のこと学部』の一環として、 「お金のセンス」を測るウェブテストを実施し、その結果をNISA の日にちなみ2019年2月13日に発表した。

お金のセンスを測るウェブテストってどんなのだろう?
と気になりませんか。
僕は気になったのでその紹介と、
資産運用について見解を記事にしました。

参考記事:日本証券業協会、「お金のセンス」を測るウェブテストの結果を公表ー「お金のセンス」が最も高いのは島根県民

年代別の平均点は、 30代が最も高く、 次いで40代、 50代の順

(引用:https://www.toushin.com/wp-content/uploads/okanenosense1.jpg)

 
一般的に20代から30代は、 様々なライフイベント(結婚、 出産、 転職、 マイホーム購入など)によって環境が一変する人が多く、 お金のことについて考える機会が多い時期であると推察されます。 「人生100年時代」と言われている現代。 長い人生においてお金とどう付き合うか試行錯誤を続けることで、 「お金のセンス」が磨かれるのではないでしょうか。

僕の勝手な偏見ですが、確かに20代や30代は
結婚やお子さんが生まれる割合が比較的高いのに
40代や50代ほどお金に余裕がないので
お金のことについて考える機会が多いのでは、
と考えます。

前に記事にしたのですが、
証券でもFXでもなんでもいいのですが、
投資を始めるタイミングを
10年遅らせると6000万円違ってくる
シミュレーションもできますので、
始めるなら早いに越したことはありません。

下の記事も参考にしてください。

先延ばしにすると起こる違いは?20代からの投資アドバイス8つ

ちなみに都道府県別だと
島根県、沖縄県、静岡県が高かったようです。

(引用:https://www.toushin.com/wp-content/uploads/shimane_revised.jpg)

ちなみに、このお金のセンスを測るテストは
全部で10問あって、誰でもできます。
僕もやったのですが、10問中9問正解しました。

気が向けばこちらからどうぞ。

https://100univ.com/

ピカソの話だけは、全然知らなかったです。

若年層からの長期・積立・分散投資でよりよい資産形成を

ちなみに参考記事として紹介したサイトでも書いているのですが、

お金のセンスを測るテストも
「つみたてNISA」などをはじめとした資産形成制度について理解を深め、
活用してもらいたいのが狙いとのこと。

年間40万円まで非課税であることや
国がプッシュしていることもあり、
色んなサイトでiDecoやつみたてNISAのニュースがありますよね。

僕は、大多数が進む方向に従っても
投資で勝てるとは思っていないし
株式投資は
FXやバイナリーオプションより
遥かに投資効率が悪いので
iDecoにもNISAにも興味はありませんが
参加するのはお任せします。

ちなみに2018年につみたてNISAをしていたら
大損します。

2018年は毎月つみたてNISAすると1年で17%お金が消滅?

そして、僕たちの年金積立金は
GPIFという組織で資産運用に使われていて
2018年の10-12月で14兆円の損失を出しました。

GPIFの14兆円溶かした失敗運用に学ぶ、個人トレーダーの戦略

ブログでは多くを話しませんが、
僕が2月14日に出したメルマガでは
ここら辺について正直に思っていることを書きましたので
よければ

件名=先延ばしにすると起こる違いは?20代からの投資アドバイス8つ

で僕のメールを探してみてください。

投資に早く取り組む(借金があっても問題無し)

いずれにしても、投資という分野に
早く取り組むことで悪いことはありませんので、
参考記事も参考にしてください。

このブログで書いた以下の記事も参考にしてください。

20代、30代で早期退職(FIREムーブメント)をして年間760万円の自動収入

4400万円の借金・ローンを返して1億1400万を築いた弁護士が語る資産形成法

 

合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします

 

最新情報をチェックしよう!