20代の貯金(平均)と40代に待ち受ける「老後貧困」

僕だけかもしれませんが、
最近NISAとかiDeCOとかの
案内記事が多くて仕方ありません。

でも、それには理由があって
恐らく将来のために貯蓄や資産を増やしたいのに
今の給料のままだと、なかなか厳しいので
「投資」で何とかならないかと考える人が
多いからだと思っています。

ですので、ここでは
ある参考記事を元に
ちょっとした老後シミュレーションと
そのために、今必要な毎月のお金について紹介します。

参考記事:20代の貯蓄額の平均とは
夫婦で貯蓄をするなら若いうちから始めたい

20代の貯金額の平均とは

正確には資産保有額なのですが、
分かりやすく貯金額として話します。

 
家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](2018年)によると、20代(二人以上世帯)の金融資産保有額(金融資産保有世帯)の平均値は370万、中央値が250万となっています。

「えっ?!20代でこの貯蓄額なの??」と驚く方もいるかもしれません。

もっとも、これらの金額は20代での二人世帯(すでに結婚しているケースなど)かつ金融資産を保有する世帯の平均値となっています。調査実数が40世帯となっているのでこの点は留意が必要でしょう。

僕は20代のころは
ほとんど貯金がありませんでした。
サラリーマン生活でもらっていた給料と
食費や家賃や自分への投資でプラマイゼロくらいでした。

けっこうみなさん貯金してるんだなと思ったら、
上で紹介した金融資産の話は2人世帯で金融資産がある人の平均値とのこと。

ウソ、とまでは言いませんが、
日本の実態とは程遠い計算だと思います。

実際の20代全体の貯蓄額平均は

 
ここからは金融資産をもたない「非保有世帯」を加えた20代についてみていきましょう。

結論から先に言えば、貯蓄額の平均値は249万円、中央値は111万円です。

この数値を見ても「みんな若くても意外と貯蓄をしているのだなぁ」とお感じではないでしょうか。

一般的にこうした統計調査では、一部の人のデータで平均値が大きく変化するため、中央値もあわせてみています。

あと、気になるのは分布ですね。
億万長者が何人いて、あまり貯蓄できていない人が何人いるのかという分布です。

 
ただ、金融資産額ごとの分布も知りたいという方向けに以下にお示ししておきます。

3000万円以上:0%(全体に占める比率)
2000万円以上3000万円未満:1.7%
1500万円以上2000万円未満:1.7%
1000万円以上1500万円未満:0%
700万円以上1000万円未満:3.4%
500万円以上700万円未満:10.2%
400万円以上500万円未満:3.4%
300万円以上400万円未満:10.2%
200万円以上300万円未満:8.5%
100万円以上200万円未満:13.6%
100万円未満:13.6%
金融資産非保有者:32.2%
※上記以外に「無回答」が1.7%ある。

上記からわかるように、金融資産を持たない世帯が全体の約3割にも達していることが分かります。

こう見ると約60%の人が金融資産(貯金)が200万円もない状態です。

このような状態をどう見るか、ですが
僕は仕方ないと思っています。

20代や30代は自分のライフイベントが多いですし、
40代以降は子供や親に関係する出費が多いですし、
なかなか貯金や金融資産を増やすのは難しいと思います。

ただ、
このような金融資産で将来老後がどうなるのか、
ちゃんと暮らせていけるのか、が気になります。

老後そこそこの生活をするには毎月25万円程度必要

また、記事を引用させてもらいます。

参考記事:40代に待ち受ける「老後貧困」 “定年まで正社員”は一部エリートのみ

 
(前略)
しかし、年を取れば大きな病気をする可能性も高まりますし、老人ホームに入居するとなれば、入居一時金だけで1000万円、毎月の居住費を含む生活費が20万〜30万円かかりますから、38万円というのは決して贅沢できる金額ではなく、現役時代と同程度の生活水準を維持するために必要な金額になります。

少なく見積もっても、夫婦2人で毎月最低25万円ぐらいは必要ですが、これは年間にすると300万円。老後が20年間はあるとすると、6000万円は必要になります。

これだけの額を確保できる人は、サラリーマンではごく一部のアッパー層に限られるでしょうし、そういった人たちでも、現在の給与水準が退職するまで維持できる保証はまったくありません。

たとえば、今40歳ぐらいの人が、もらえる年金を考えずに、定年まで
の30年間で6000万円貯めるには、年間200万円、月々17万円弱を
貯金する必要があります。そんな金額の貯金、本業だけではとてもできません。

簡単なシミュレーションですが、
老後に6000万円必要とした場合に
30年で貯めようと思うと毎月17万円必要とのこと。

仮に20代で貯金をして40年猶予があったとすれば、
かなり単純に計算すると毎月13万円程度必要でしょうか。

…そんな貯金、毎月できそうですか?

20代が毎月自由に使えるお金は3万円

ちなみに今の20代の方が毎月自由に使えるお金は3万円強です。

20代が毎月自由に使えるお金、平均額は32,224円。あなたは?

毎月13万円程度貯めるのは無理すぎますね。
本業だけだと無理なので副業や投資といった話に
興味が湧くのも自然なことだと思います。

もちろん、投資は
インターネットの無料情報や
Amazonや書店で誰でも買える本の情報で挑んでも
95%勝てないのですが、、

20代で早期退職する人がいる?

ちなみに日本では無く世界に目を向けると
20代で早期退職する人も存在しています。

このブログで書いた以下の記事も参考にしてください。

20代、30代で早期退職(FIREムーブメント)をして年間760万円の自動収入

4400万円の借金・ローンを返して1億1400万を築いた弁護士が語る資産形成法

早期退職する人の特徴は
節約と投資です。

特に投資については
20代から勉強をすると複利の作用が効いて
そこらへんの40代、50代の人より
かなり優位な立場になれます。

もちろん正しい方向での勉強が必要なのですが

先延ばしにすると起こる違いは?20代からの投資アドバイス8つ

上で紹介した記事や
このブログで紹介しているトレード分析結果で
勉強してみてください。

最後は宣伝になってしまいますが、
優秀なFX商材も
普通のFX商材も
僕のオリジナル特典を使うと
さらに強力になります(笑)

せっかくこのブログで縁があったので
さらにトレードで勝てる可能性高めるために宣伝しました。

万が一トレードで負けてたら
そんな姿見たくないので宣伝しました。

人気FX・BO商材ランキング【2019年2月集計】

 

合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします

 

最新情報をチェックしよう!