1年で100万円貯めるのは、年収1000万円・月収100万円でもキツイ

年収1000万円や月収100万円って憧れる人は多いでしょうかね。

実際にそれくらい稼いだ人は分かると思うのですが、
稼いだ分、税金も多くなるので、
意外に経済的な自由さはありません。

個人的な感覚だと
月収150万くらいになれば
かなり経済的に自由な印象ですが、
ここでは
1年で100万円貯めるのは意外にキツい、
という話と
ハイブリッド型の収入・老後に必要なお金について考察します。

参照:1年で100万円貯めるのは年収1000万円でもキツイ

1年で100万円を貯めるには毎月いくらを貯めればよいか

 
極めて簡単な質問ですが、100万円を12ヶ月で割るといくらでしょうか。

100万円÷12ヶ月=約8万3000円

となります。毎月8万円以上を貯金できている方は果たしてどれくらいいるのでしょうか。
もうすでにできているという方は貯蓄上手ともいえるのではないでしょうか。
ただ、現実的に毎月8万円も貯めるのはそれほど簡単ではなさそうです。ここでは、年収1000万円の人のケースで考えてみましょう。
たとえば、月給が75万円で年間900万円の給与及びボーナスが100万円で合計1000万円の年収のケースではどうでしょうか。

ちなみに、30代と40代の年収分布は以下のようになっています。

(引用:https://doda.jp/guide/heikin/age/)

そもそも、年収1000万円以上の人が極めて少ないのですが、
仮に自分が1000万以上の年収だと想像してこの後を読んでください。

年収1000万円(月収75万程度)でも、
そこから健康保険及び厚生年金保険が引かれ、
住民税や所得税等が差し引かれます。

税金だけでも差し引きすると
月の手取りは55万円程度というケースが多いかと思います。

さらにそこから
家や自動車に関する費用、
光熱費や通信費、
あとはお子さんがいる場合は子育てにかかる費用があります。

 
内閣府政策統括官「インターネットによる子育て費用に関する調査 報告書」によれば、小学生で年間115.3万円、中学生で155.6万円と、それぞれを12ヶ月で割ると、小学生で月に9.6万円、中学生で13万円かかる計算となります。

こう考えると年収1000万円の人でも
年に100万円の貯金をするのはなかなか大変そうです。
ちなみに月収100万円でも大きく変わりません。
(税金が結構かかります。)

加えて、収入源が
サラリーマン・自営業のようないわゆる働く1本しか無いのでしたら
リスクが分散されていない危険性もあります。

ハイブリッド型の収入源

じゃあ、年に100万円の貯金をするには?
と考えた時に、
収入を増やすというのが頭に思い浮かびますが、
仮に既に年収1000万円を手にしているビジネスパーソンだとすると、
そこからの社内での出世もしくは昇進の競争はさらに厳しくなるでしょう。

そもそも、本当にしたいことを我慢しながら
頑張ってそんなに働いて
ガイコツ同然になって札束を握ったとして
何の意味があるのかという気がしますね。

そして、何かの都合で退職したり転職すると
次の会社で年収1000万円を確保できる保証もないので
今の会社でずっと働き続ける選択をしがちで
それはそれでツブしが効きなくなっていくので
人生におけるリスクも高まってきます。

そうではなくて、
サラリーマンや自営をしながら投資も行って、
もし余裕があるなら副業もして
2つ、3つの収入源を確保していくと
より精神的に安定していきます。

特に投資は、
最初にまとまった資金は必要ですが
お金がお金を増やすシステムなので
自分が頑張る必要は少なく
ツールなどを使って勝てていくと
かなり精神的に安定してきます。

もちろん投資に絶対稼げる保証はないのですが、
一度トレードスキルを身に付けたり
ツールを使いこなせたりすると
一生ものの収入源になる可能性があります。

老後に必要なお金

ちなみに、老後に必要なお金なのですが、
自分がどういう生活をしたいかによって変わりますが、
5000万円くらいは必要だと考えている人が多いようです。

 
参照:20代が毎月自由に使えるお金、平均額は32,224円。あなたは?

東京の港区で華やかに老後を過ごしたい場合は
1億2600万円以上必要かもしれません。

 
退職後は年収の7倍の資産が必要?

資産形成については
こちらの記事も参考にしてください。

 
20代、30代で早期退職(FIREムーブメント)をして年間760万円の自動収入

4400万円の借金・ローンを返して1億1400万を築いた弁護士が語る資産形成法

 

合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします

 

最新情報をチェックしよう!