乞食化する日本人?

ショッキングかつ興味深い記事を見つけました。
投資とは関係ありませんが、
お金に関する現実的な話です。

ファーウェイの初任給月40万円が話題 「普通に就職したい」

引用の引用ですが、、

中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の日本での初任給が40万円以上だと話題になっている。

リクナビ2018に掲載されたファーウェイ・ジャパンの求人広告によると、募集職種は「通信ネットワークエンジニア」「端末テストエンジニア」「端末アフターサービスエンジニア」「研究職・アルゴリズムエンジニア」の4つ。月給は学士卒で40万1000円、修士卒で43万円に設定されている。年に1回以上は賞与があるというから、賞与が月給2か月分だとすると年収は初年度から560万円以上になる。

「有給消化50%以上」「完全土日祝休み」ともあり、きちんと休むこともできるようだ。もちろん各種社会保険も完備されており、退職金制度も整っている。

「ファーウェイには安く買い叩いている日系企業をしばき倒してほしい」

日本の企業ではあり得ない初任給ですよね。

漠然と思っていた衰退が現実に

年代が若い人なら分かると思うのですが、
今の世の中は、努力したら稼げるって時代ではありませんよね。

昔、日本の経済が上昇トレンドの時は、
仕事を頑張ったら頑張っただけ稼げたのです。

バブル世代前後の大人と話す機会があった。

彼らは口をそろえて「今の若者は根性が足りていない。俺が若い頃は頑張って働いて、たくさんのお金を稼いだものだ。それが今の奴らからはそういうハングリー精神を感じなくなってしまった。そりゃ日本も衰退するわな」というような事を言っていた。

僕も発展途上国に行く前までは、お金は頑張って稼ぐものだという風に考えていた。だから現代の若者はやる気がない、というバブル世代前後の大人の意見によく似た意見を持っていた。

何も考えなくても、
根性だけで、ただがむしゃらに頑張れば稼げたのです。
しかし、今は違いますよね。

がむしゃらに頑張る人は、
企業や上司に、骨の髄までしゃぶりつくされ

たいして給料も上がらないまま、延々と働き続け
心や身体、幸せを壊される時代です。
(電通さんのあの事件に代表されるように)

けどあの国に行った事で、僕は随分と考えを改めた。

世の中には、頑張っても頑張っても仕方がない事がたくさんある。月給800円の国で死ぬほど汗水たらして人の2倍頑張って働いた所で、稼げる金額なんて良くて月1,600円程度だ。

けど日本でエアコンのきいた部屋の中で僕が家庭教師をすると、全然頑張ってないにも関わらず10倍以上のお金が稼げてしまう。

日本が、がむしゃらに頑張って幸せになれたのは、
日本にお金があったからです。
そして良い職種につけたら尚良いかもしれませんが。

頑張りは関係ないのです。

さっきの中国企業の給料の話もそうですよね。
初任給20万円の日本企業で2倍頑張っても
中国企業の初任給40万円にはなりません。

もはや頑張りに意味はありません。

乞食化する日本人?

「自分の給与を会社は上げろ」という意見を目にするようになったという発言だけど、実は僕はこれは日本人の乞食化を示唆しているのではないかと思っている。

言い方は異なれど、これって途上国の人が日本人に「お前は恵まれているんだから俺に金をよこせ」ってのと同じようなニュアンスじゃないだろうか?

「経営者は儲かってるんだから俺に給料をもっと払え」といいかえると、先の乞食の言ってる事との区別はほとんどつかない。

日本もだんだんいわゆる後進国のようになるかもしれませんね。

ここで言うまでも無いのですが、
今後、日本企業に期待するほうが間違っているので、
目指すべき道は自ずと限られてきます。

外資企業に就職

中国企業が稼げるなら中国企業に就職するのもアリですね。
おそらく中国語や英語を話せた方が良いし、
中国の文化などを知っている方がいいでしょう。

ですので、今から色んな道を選べる若い人ならまだしも、
僕みたいなおじさんになろうとしている人、
ご年配の方は正直厳しいのではと思います。

お金のある環境に行く(投資の世界へ)

お金のある環境に行くと、
自ずと稼げるチャンスが来るのであれば、
自分からそういう環境に身を置くのが
一番手っ取り早いですね。

FXは世界で有数の、お金が集まっている環境です。

日本が仮に後進国になって、乞食化しても、
合法的にお金持ちからお金を奪取できる環境です。
生きていく手段として1つ考えても良いと思います。
(FXもツール・手法を選べば簡単ですしね、昔のバブル時代のようになるかも。)

 

合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします

 

最新情報をチェックしよう!