数日前に気になる記事がありました。

FXには直接関係ありませんが、
僕はもっとFXで勝たないと、
と思いましたので紹介します。

「高齢者」名称、見直しを

自民党の「人生100年時代戦略本部」(本部長・岸田文雄政調会長)は29日、長寿社会を迎えるなか、年齢によって区切るこれまでの社会保障のあり方を見直す政府への提言をまとめた。「高齢者」の名称見直しなどを求めている。


 提言は、事務局長を務めた小泉進次郎筆頭副幹事長が主導。2024年に50歳以上の人口が5割を超えることを想定し、年齢に関係なく活躍できる「定年のない『エイジフリー社会』」の構築や、年齢を前提とした「高齢者」の定義・名称のあり方を見直すことを訴えている。



今の日本は人口減少や高齢化とか、
じわじわ影響を及ぼす問題がありますが、
国にとっては社会保障をどう維持するかが大事な問題です。


個人的には、
上で引用したニュースは、
社会保障の維持のための
ルール変更の第一歩という印象です。


高齢者=今までの社会への貢献に応じて
社会的な保障をいただける方という意味合いもあるかと思いますが、
その高齢者の定義が変わるということは
例えば社会保障のルールも変わり得るということですね。



サラリーマンの方は、
あと数年で定年退職して、
年金暮らし、などと考えていても
その計画が崩れかねませんね。


しかし、
その観点で言えば
もっと厄介なことも
議論され始めています。


定年のない社会を

提言は「人生100年時代」を見据え、定年のない「エイジフリー社会」の構築を求め、高齢者の定義や名称の見直しを提案。63歳の安倍首相は「2年後に65歳だから高齢者といわれるのはいやだ」と応じ、「大変、チャレンジングな議論」と政府として前向きな姿勢をみせたという。

 提言は、年齢ではなく経済力に応じた医療費の自己負担や、年金の受給開始年齢の柔軟化など抜本的な社会保障制度の改革につなげるのが狙い。政府に平成31年末までに改革案と工程表をまとめるよう要請した。



定年のない「エイジフリー社会」
とのこと。


定年が無い=死ぬまでサラリーマンをしろ
ということなのかもしれません。


もちろん今でも
定年退職後に働くということはありますし、
自営業の方は定年という概念が無いかもしれませんが


ネガティブに考えれば、
国からの年金が減ったり、
受給開始時期が遅れたり、
医療費の自己負担は段階的に増えたり、

ということが想定できます。



こっちが頑張っても勝手にルール変更される

国の事情を一切無視して
個人的な事情だけで考えれば、


こっちは自分なりに頑張っているのに、
相撲で言えば勝負をしている最中に
土俵の大きさが小さくなるような感覚です。



国は国で、今の社会保障を無理して継続して
破綻してしまったら元も子もないので
あれやこれやとルール変更して、
破綻しないようにしているのでしょうが、



昔は、
若い時に馬車馬のように働き
社畜と呼ばれながら家族のために
頑張って働いて何も報われなかったとしても、
定年退職をしたら、わずかな期間かもしれませんが
少しだけ人生において好きなことをできる
という希望があったと思います。



(年を重ねたので、できることは限られるでしょうが)


しかし近い未来、
その希望さえも無くなる可能性があるのかもしれません。



依存しない資産の増やし方

国の事情も分からないでは無いのですが、
そんなにルール変更があって
将来の社会保障があやふやなのでしたら


保障を当てにせずに
将来、保障があればラッキーくらいに考え、
自分で資産を増やす方がよほど
精神的に安定して生活できると思います。




そのために、僕はFXなどの投資を勧めたいですが、
どんな風に資産を増やすにしても、
社会保障のルール変更があってから取り組んだら
手遅れになる可能性があります。



ルール変更が確定していない今から考えて、
トレードの技術を磨くなり
良いツールを手に入れるなりして
今から備えておいた方が良いと思います。


そして、この記事の最初に掲載した画像のイメージで
若いうちから働きながら、
時々お金を気にせず楽しむような
生活ができればいいですね。



もう少し欲を出して
今から、億の資産構築を目指していいかもしれませんが。



FXで1億円稼ぐために何日トレードすればいいのか?



 

あなたへの合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします