最近テレビや新聞でも「ビットコイン」について
目にすることが増えてきましたね。


私はやっていないのですが、
簡単に確認しても賑わっていることがわかります。

ビットコイン(英: bitcoin)とは、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網および暗号通貨である。


これだけ聞くと難しそうですね。
しかし難しく考える必要はありません。


単純にビットコイン=仮想通貨と考えればOKです。
普通の仮想通貨は企業単位で限られた地域で使えるものですが、
(楽天ポイントとかAmazonのポイントもある意味仮想通貨です)



ビットコインは企業や地域の垣根を越えて、
普通の通貨と取引ができるのがポイントです。


ビットコインは、国家単位で運営されている円やドルと同じく、
経済活動を円滑に進めるために作られた仮想通貨なのです。

ビットコインは、世界中で日常生活に
「使える」ようにすることを目指して作られています。
仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しませんが、
代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、
物の売買が実現できるようにつくられています。


なのでそういう意味ではFXと同じで為替取引のような形態になっていて
安く買い高く売ればその差額が利益になります。



そして最近はビットコインがバブルの様相を見せています。
なので、ここではビットコインと他通貨との相関を見ていきます。


ビットコインが他の通貨より相対的に強くなって
「通貨」として認められつつあるのか、
ただのバブルでビットコインが勝手に突っ走っているのか、
その判断材料の1つにできると思います。


ビットコインの相関

1つ参考にできる情報がこちら。


ビットコインの乱高下が続く中、
ドルや円などの通貨に影響が及ぶのかという点にも、
関心が集まり出している。
みずほ証券・チーフ為替ストラテジスト、山本雅文氏は、
現時点で相関性は薄いとみているが、
ビットコインの上場投資信託(ETF)が組成され、
機関投資家にとって投資対象としての魅力が高まれば、
相関が生じる可能性があると分析している。


ビットコインは相関性が無いとのこと。


あらあら。

しかしこんな意見もあります。

ここ最近、ビットコインと人民元の相関がありすぎな件


でもこれは確かに、と言える理由があります。

トランプ大統領が誕生し、ドル高・人民元安の動きが想定できた。
しかし、中国でドルの買い入れは1年間5万ドルまでの制限がある。



制限が無いビットコインに資金がシフトしたことが、
ビットコインが急騰し、人民元安が対ドル、対ビットコインで進んだのだと思います。


個人の主観だとここら辺までの考察が限界だと思いますので、
相関分析をしたいと思います。





と思ったらすでに実施されているサイトがありました。


ビットコイン価格を計量分析して各種価格データとの相関関係を考察してみた


このブログを見ていただいたら結論は乗っているのですが、



専門的すぎて時間がかかると思いますので
私が要約します。



・単純な相関分析をするとUSDJPYやUSDCNYとビットコインの相関が高い結果
・しかし、これは時系列をつぶした分析(見せかけの相関)
・相関変数の時系列推移や相関の変化率を見てみる
・結局相関が高くない



ということで、強い相関がありませんでした。


なのでビットコインが勝手に突っ走ってる(バブルの)可能性が高いと判断します。

まだまだビットコインの市場は小さい=値が荒れやすい

ちょっと気になったことがあるのですが、
ビットコインの取引高ってどれくらいなのか、ということです。


つまりビットコインが「投資」として十分な取引があるのかという視点で
2017年4月の取引高を調べてみました。




引用元:https://jpbitcoin.com/market/volume


2017年4月で1.1兆円とのことです。
1.1兆円って多いか少ないのか。



同じ月のドル円の取引金額を見てみましょう。

ここで見ます。


一般社団法人 金融先物取引業協会 店頭FX月次速報


ドル円の取引高は250兆円。
全然違いますね。。227倍の違いがあります。




ビットコインの市場はまだまだ相対的に小さいことがわかりました。
ビットコイン市場を盛り上げようと
一部の人が扇動しているかも知れませんね。

市場が大きくなれば、今ビットコインを買っている人たちは
値段が安定しますからね。




ここまで市場が小さいと
ボラティリティが高くなったり、
一部の仕手筋が価格操縦をしていたら、
仕手筋の提灯買いにダマされるかもしれません。



なので、今からビットコイントレードをするのは
かなりレベルの高いトレーダーと自負されている方だけ
参加されるのが良いのでは、と思います。




間違っても
「何か話題になっているからビットコイン買ってみた」
は、リスクが高すぎるので
「ジョーカーを掴まされる」可能性さえあります。

 

あなたへの合法的ワイロ

 

厳選FX商材 検証結果記事一覧