NO IMAGE

トレンドができる時のテーマ

岡安盛男さんに学ぶFXで稼ぐ法則6

岡安さんの書籍「FXで稼ぐ47の法則」から一部引用させていただき、
FXの超基本的なことを一緒に勉強していきましょう。

トレンドができる時には必ず何かのテーマがある

相場はサイクル(波動)により成り立つもので
山に登る過程を上昇トレンド、谷に向かう過程が下降トレンドになります。

トレンドの長さは様々で5分足のものから数年間続くトレンドもあります。

書籍「FXで稼ぐ47の法則」
トレンドには
長期、中期、短期のトレンドがあり、
トレンドが長く続くほど重要なファンダメンタルの変化が原因となる可能性があります。

長期トレンドのできるテーマと特徴

長期トレンドのテーマは、基本的に各国金融政策のファンダメンタルズを背景に形成されます。
例えばドル円だと
アメリカの景気回復ペースの速さ、
日本の不景気が相変わらず続くので金融緩和もさらに強まるとなった場合、
ドル高円安が始まります。

景気の動向や関連する経済指標は数ヶ月・数年の間隔で継続するものなので、
その分トレンドも長く形成されます。

中期トレンドのできるテーマと特徴

中期的なトレンドはテーマがはっきりしていて、例えば中東や北アフリカで
暴動や民主化運動が起きた際に、その国と強く関わっている国の通貨が不安定な状態になる可能性があり、
リスク回避という形で一時的にトレンドが形成されます。

暴動が数年続く場合もありますが、数ヶ月で終わるようなものは
事態が収束すれば再び元のレベルに戻ります。

短期トレンドのできるテーマと特徴

短期的なトレンドは数日や1週間程度で終わるものが多く、
いきなり始まり、いきなり終わるので
事前にファンダメンタルの要素からトレンドを特定するのは困難です。

例えばアメリカ雇用統計発表前の別の経済指標で悪い結果が出た場合に
雇用統計発表にかけて不安定なトレンドを形成するという具合です。

短期的なトレンドは自分の感覚や経済情報だけではトレードして勝つことが難しいので、
トレンドを検知するツールを用いてFXを行っていくことになります。

ドラゴンストラテジーFXブラックAIストラテジーFXと呼ばれているFX商材は、
このような短期的なトレンドを検知して、トレンドの終わりも検知して
トレードで勝ちを目指すトレードスタイルとなります。

短期~長期トレンドのどれが良いの?

それぞれのトレンドに特徴があるのですが、
結局どのトレンドがおススメなのか。

これはトレードスタイルによりますが、
一般的には短期トレンドをおススメします。

何故か。

単純に資金効率が良いからです。

長期トレンドはどの程度勝てるかと言えば、
3か月や半年で500pips程度です。
(あくまで目安)

それに対して短期トレンドですが、
1トレードで100pips勝てることもあります。
3か月や半年の期間で考えると、
100回くらいのトレード回数があります。

もちろんすべて勝てるわけは無いのですが、
それは長期トレンドも同じで、
単純に計算すると10倍、20倍の資金効率の差があります。

当然短期トレンドは不確定な要素があるので、
厳しいマーケットであることは事実なのですが、
それでも勝てるツールを探し使いこなせれば
驚くほどの資金効率でトレードができます。

 

合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!