ハイドアウト・GridFlexのフォワードテスト結果、勝率、PF(10/14時点)

ハイドアウト(HideOut)EA
ハイドアウト(HideOut)EA

この記事ではハイドアウト、GridFlexという2つのEAのフォワードテスト結果、勝率、PFについて紹介します。

あわせて読みたい
ハイドアウト 紹介ページ ハイドアウト(HideOut)EA 年月現在、販売予定数が無くなり次第終了します。今だけ購入特典EAもありますので合わせてご検討ください。 【286億円のEA=ハイドアウト】 ...

ハイドアウトは

  • 全通貨ペア版
  • ユーロ円+その他1通貨ペア版
  • ユーロ円版

を購入する事が可能です。

目次

ハイドアウトのフォワード結果

通貨ペアごとの成績

XMのKIWAMI口座での成績です。テスト時期がバラバラなのはご容赦ください。また、推奨通貨ペアや非推奨ペアに限らずメジャー通貨ペアでテストしています。

ユーロ円

くろだ

ユーロ円のEAを稼働していないため前週と変わりません。

ポンドドル

ドル円

フォワードテスト結果のポイントは以下です

これまでテストしていた他の通貨ペアは引き続きテストは継続していますが結果を載せるほとでは無いので省略しています。

  • ユーロ円は総じて堅調
  • ポンドドルは今回大きく負けた
  • ドル円は少しプラス

ポンドドルは上記画像に書いたように
●イスラエル情勢
●CPI(経済指標)
の影響で大きく負けました。イスラエル情勢は予測できないとしてもCPIは発表日時とその影響の大きさは分かるので念のため稼働を止めておくべき事が成績推移を見ても分かると思います。

勝率、プロフィットファクター(PF)

主戦力となる通貨ペアは現時点ではユーロ円です(今後変わりうる可能性はあります)。そのユーロ円の勝率、PFなどは以下です。

勝率やPF含めて優良なEAだと思います。あとで紹介するGridFlexも同様です。

フォワードテストの評価と実運用について

ユーロ円はトータルで圧倒的に勝てています。ポンドドル、ドル円は以前大きく負けた後、ドル円は回復していますがポンドドルは世界情勢や経済指標の影響を大きく受けました。

運用をするならユーロ円を中心にして、アクティブにいきたいならドル円やポンドドルで試してみる、という感じかと思います。

10月16日の週は、17,18,19日は比較的重要な経済指標発表があるのでハイドアウトを始めとしたEAをストップする方がいいかもしれません。繰り返しになりますが世界情勢が不安定なので積極的にEAを運用する必要はないと考えています。

くろだ

あとで紹介するグリッドEA(GridFlex)は、ハイドアウトの購入特典としてお渡ししていますので、GridFlexを運用いただき補填をしていただければと思います。

ハイドアウトのトレード事例

以前のフォワードテスト結果紹介記事で事例を掲載していますのでご覧ください。

あわせて読みたい
ハイドアウト・GridFlexのフォワードテスト結果、勝率、PF(9/23時点) ハイドアウト(HideOut)EA この記事ではハイドアウト、GridFlexという2つのEAのフォワードテスト結果、勝率、PFについて紹介します。 ハイドアウトは 全通貨ペア版 ユ...

ハイドアウトはどれを購入すべきか?

ハイドアウトは

  • ユーロ円
  • ユーロ円+その他1通貨ペア
  • 全通貨ペア

の3パターンの購入が可能です。

ユーロ円単体ではフォワードテストは良い結果なのですが、今後一時的にパフォーマンスが不安定になる可能性もありますので全通貨ペアで運用する方が良いと考えています。

一方でバックテストではユーロドルとポンドドルでパフォーマンスが高いのでその点でも全通貨ペアがお勧めです。

ハイドアウトが向いている人

ハイドアウトはこのようなトレーダーに向いています

  • 13年のバックテスト(TickDataSuite)で、286億の実績を出したトレードに興味がある
  • ハイドアウトのトレード手法概要を知りたい
  • トレード手法を知って試してみたい
  • ハイドアウトを運用してみたい
  • 自分の資産運用をサポートするツールがほしい
  • 売り切りの販売形体を許容できる
  • 勝てたら儲けもの、少なくてもトレード手法の勉強になる、と割り切れる

逆にこういうトレーダーに向いていません。購入するのをやめましょう

  • 1日数百回自動トレードしないと気が済まない
  • リスクリワードの値(0.5程度)が許せない
  • 100%勝てるEAじゃないと許せない(そんなEAはありませんが)
  • サポートは充実していて必ず数時間以内に返信が無いと許せない

ハイドアウトを一言でいうと最高評価です。

誰もいない空間を狙ったトレード手法を使った自動売買。TichDataSuiteやモンテカルロ分析の結果には期待したいし国内FX業者のサイトのソースコードより優れています

ハイドアウト 紹介・検証ページ

あわせて読みたい
ハイドアウト 紹介ページ ハイドアウト(HideOut)EA 年月現在、販売予定数が無くなり次第終了します。今だけ購入特典EAもありますので合わせてご検討ください。 【286億円のEA=ハイドアウト】 ...

ハイドアウト 販売ページ

2024年04月現在、販売予定数が無くなり次第終了します。

あわせて読みたい
ハイドアウト(全通貨ペア版) ハイドアウト(全通貨ペア版)¥149,800(税込)※無くなり次第終了 ハイドアウト=誰もいない空間を狙った自動売買システム。13年のバックテスト(TickDataSuite)で1万円...

ハイドアウトの購入特典であるGridFlexのフォワードテストについて以下に紹介します。良好なEAです。

GridFlex(グリッドEA)の最新フォワードテスト結果

フォワードテスト結果は以下になります(AUDCADのみのEAです)。

無料グリッドEAフォワードテスト結果(10月7日時点)

勝率やプロフィットファクター(PF)も良好です。

お渡しした時に推奨運用方法について記載しておりますができるだけ低リスクで運用ください。

【ご注意事項】GridFlexの運用方法

グリッド戦略を使ったEAは、一時的に含み損が大きくなることがあり初回エントリー時のロット数によっては含み損に資金が耐えれずにドローダウンをすることがあります。

グリッドEAにつきましてはメルマガやサイトなどで今後検証結果やその時のEAの使い方などを紹介しようと考えています。現時点では

  • デモ口座で様子を見る(フォワードテストをする)
  • 最低ロット数で稼働させる
  • 重要な経済指標発表時には稼働をストップする
  • 2,3日経過しても決済しない場合は手動で損切も検討する

という運用方法を推奨しますが投資指示ではありませんので最終的にはご自身でご判断ください。また、理想的にはGridFlexは他のEAと同じ口座で運用せず、別口座で運用する方が良いです。

くろだ

口座を分けることでリスクが最小限になりまして、最悪ドローダウンしてもその口座の初期資金が無くなるだけで終わります。

10万円の資金で0.01lotでAUDCADのみで運用するレベルだと、リスクは比較的小さくよほどのことがない限りドローダウンしにくい(負けにくい)とは思います。投資の世界ですので絶対を保証できない事はご容赦ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

黒田悠介のアバター 黒田悠介 トレーダー、データサイエンティスト、プログラマー

FXの検証やツールを作成する中で、GogoJungle社からも推薦され投資ナビを連載していました。また、FX情報商材を販売しないかというお誘いも色々な人から何度もいただきました。しかし、表舞台に立つことは苦手なのでお断りをしてきました。代わりに当サイトのオリジナル特典として購入者にFXツール、EAなどを無料でもお配りしていて、これまでに累計2400人以上の方にお配りしています。

コメント

コメントする

目次