GridFlex(EA)の最新テスト結果、運用方法、入手方法

当サイトは完全独自で検証を行っておりますが、リンクには該当ツール・手法への販売ページ(広告)が含まれています。

この記事では期間限定、人数限定で無料入手可能なEAのフォワードテスト結果を紹介します。仮の名前でGridFlexと呼んでいます。

目次

GridFlexの最新フォワードテスト結果

フォワードテスト結果は以下になります(AUDCADのみでのテストです)。

無料グリッドEAフォワードテスト結果(8月29日時点)
無料グリッドEAフォワードテスト結果(8月29日時点)

途中から急激に勝っているのはロット数を3lotに増やしたからで、不正ではありません。

Gain(増加率)の桁が2桁から3桁になりました。ここ最近は順調な成績推移ですが、いざ自分でEAを稼働したらスタートで大きく負けるという話もよくあります。あとで詳細を申しますがリスクをできるだけ小さくして運用するかデモ口座でテストすることをお勧めします。

増加率

増加率は100%を超え初期資金と同額以上勝ちました。3ロットのトレードなので自ずと増加率は高くなる事にご注意ください。1.5か月で+103.7%です。正確ではありませんが例えば0.3ロットで運用すると1.5か月で10.3%程度の増加率だと捉えてください。

勝率、プロフィットファクター(PF)

  • 勝率は79%
  • プロフィットファクターは3.2

です。

一般的にグリッドを用いたトレードはドローダウン率が大きくなりまして、GridFlexもドローダウンの高さが弱点になります。

実際に使う場合は、余裕を持ったロット数とできるだけ小さいロット数で運用する方が良いです。

【ご注意事項】GridFlexの運用方法

グリッド戦略を使ったEAは、一時的に含み損が大きくなることがあり初回エントリー時のロット数によっては含み損に資金が耐えれずにドローダウンをすることがあります。

グリッドEAにつきましてはメルマガやサイトなどで今後検証結果やその時のEAの使い方などを紹介しようと考えています。現時点では

  • デモ口座で様子を見る(フォワードテストをする)
  • 最低ロット数で稼働させる
  • 重要な経済指標発表時には稼働をストップする

という運用方法を推奨しますが投資指示ではありませんので最終的にはご自身でご判断ください。また、理想的にはGridFlexは他のEAと同じ口座で運用せず、別口座で運用する方が良いです。

くろだ

口座を分けることでリスクが最小限になりまして、最悪ドローダウンしてもその口座の初期資金が無くなるだけで終わります。

10万円の資金で0.01lotでAUDCADのみで運用するレベルだと、リスクは比較的小さくよほどのことがない限りドローダウンしにくい(負けにくい)とは思います。投資の世界ですので絶対を保証できない事はご容赦ください。

GridFlexの入手方法

ここで紹介しているGridFlexは無料でお渡しするのですが、

  • ハイドアウトご購入者様
  • ご購入者様以外の方

の順番でお渡しします。

ハイドアウトご購入者様へ

ハイドアウトご購入者様には無条件・無料でお渡しします。ですので、どのFX業者でもお使いいただけますが著作権は放棄しておりませんので法律的に引っかかるような事はご遠慮ください。また、ここでは書けないのですがもう1つ同時にお渡しするものがありますのでそちらも良ければご活用ください。

ハイドアウトご購入者様以外の方へ

ハイドアウトご購入者様にお渡しした後に、ご購入者様以外の方も入手可能です。ただ、原則当サイトからメルマガ購読をした方もしくは不定期にメールをやり取りしている方に限定しています。

GridFlexの入手方法は以下です。

STEP
新規口座開設(追加口座開設)

以下のボタンからXMで新規口座開設(もしくは追加口座開設)をしてください。

以前のキャンペーンで当サイトからXMの口座を開設された場合はその口座番号をご連絡いただければけっこうです(改めての口座開設は不要です)。

STEP
口座番号を連絡する

口座開設後に、その口座番号を当サイトにお知らせください。当サイト管理人のメールアドレスをご存じでしたらそちら宛でけっこうですし、メルマガに対する返信やお問合せからご連絡する事も可能です。

STEP
GridFlexの送付を待つ

当サイト側でEA内部に口座番号を組み込んだGridFlexをお渡しします。世の中に広まらないように個別の識別子を組み込みます。

XMというFX業者については以下の当サイト記事で検証していますのでご確認ください。

あわせて読みたい
XMトレーディング レビュー(入金・出金、安全性など)【2023年最新版】 XMトレーディング(XM)という海外FXブローカー(FX証券会社)を知っている方は多いと思いますが、実際どの程度トレードしやすいのか海外会社だから怪しいのでは?とい...

GridFlexの入手において、XMの口座の種類(スタンダードやマイクロやKIWAMIなど)は問わないのですが個人的におススメなのはKIWAMI口座です。

あわせて読みたい
XMのKIWAMI極口座の特徴・スプレッドについて 2022年11月ごろに証券会社のXM社から以下のようなメールが届きました。 このメールには KIWAMI極口座のメリット KIWAMI極口座が向いている人 KIWAMI極口座への質問と回...

期間限定で、ハイドアウトを購入された方にはGridFlexをお渡ししますので良ければご検討ください。

ハイドアウトが向いている人

ハイドアウトはこのようなトレーダーに向いています

  • 13年のバックテスト(TickDataSuite)で、286億の実績を出したトレードに興味がある
  • ハイドアウトのトレード手法概要を知りたい
  • トレード手法を知って試してみたい
  • ハイドアウトを運用してみたい
  • 自分の資産運用をサポートするツールがほしい
  • 売り切りの販売形体を許容できる
  • 勝てたら儲けもの、少なくてもトレード手法の勉強になる、と割り切れる

逆にこういうトレーダーに向いていません。購入するのをやめましょう

  • 1日数百回自動トレードしないと気が済まない
  • リスクリワードの値(0.5程度)が許せない
  • 100%勝てるEAじゃないと許せない(そんなEAはありませんが)
  • サポートは充実していて必ず数時間以内に返信が無いと許せない

ハイドアウトを一言でいうと最高評価です。誰もいない空間を狙ったトレード手法を使った自動売買。TichDataSuiteやモンテカルロ分析の結果には期待したいし国内FX業者のサイトのソースコードより優れています

ハイドアウト 紹介・検証ページ

あわせて読みたい
ハイドアウト 紹介ページ ハイドアウト(HideOut)EA 年月現在、販売予定数が無くなり次第終了します。今だけ購入特典EAもありますので合わせてご検討ください。 【286億円のEA=ハイドアウト】 ...

ハイドアウト 販売ページ

2024年04月現在、販売予定数が無くなり次第終了します。

あわせて読みたい
ハイドアウト(全通貨ペア版) ハイドアウト(全通貨ペア版)¥149,800(税込)※無くなり次第終了 ハイドアウト=誰もいない空間を狙った自動売買システム。13年のバックテスト(TickDataSuite)で1万円...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

黒田悠介のアバター 黒田悠介 トレーダー、データサイエンティスト、プログラマー

FXの検証やツールを作成する中で、GogoJungle社からも推薦され投資ナビを連載していました。また、FX情報商材を販売しないかというお誘いも色々な人から何度もいただきました。しかし、表舞台に立つことは苦手なのでお断りをしてきました。代わりに当サイトのオリジナル特典として購入者にFXツール、EAなどを無料でもお配りしていて、これまでに累計2400人以上の方にお配りしています。

コメント

コメントする

目次