【+268%、41.4%、24.5%】GridFlexの3通貨ペアのフォワードテスト結果・トレード事例について

当サイトオリジナルEAのGridFlexがありまして、この記事ではそのフォワードテスト結果を紹介します。

くろだ

GridFlexは、ハイドアウトの購入特典or有償で購入して入手することが可能です。

目次

GridFlexというEAについて

GridFlexは、当サイトが開発したグリッドEAの名前です。

グリッドというのは等間隔でラインを意味するのですが、実際のトレードではローソク足がそのラインに達するたびにエントリーを行っていくトレード戦略です。

複数のポジションを保有する事がある戦略です(いわゆるナンピンを行うという意味です)。

ポジション保有中に含み損を抱える事も当然あります。

ある程度利益が出たら決済を行いますがそれらの一連のトレードについてGridFlexは自動で行います。

エントリーロジック

GridFlexはグリッド戦略と逆張りトレードを組合せたEAです。ですので、どういうタイミングでローソク足が反転するのかを分析・検知するのがポイントになります。世界的に優秀ないくつかのグリッド戦略やグリッドEAを見ると

  • 標準偏差
  • RSI
  • ATR
  • ボリンジャーバンド

などを見て判断していましてGridFlexも同じようなロジックで逆張りの精度を高めています。それでも順調に逆張りしない事はあり得ますのでナンピンを設定して早めに決済するようにしています。

GridFlexではナンピン可能な最大数を指定できます

また、K-SwingTradingというオリジナルインジケーターを読み込んでK-SwingTradingが示すトレンド方向と逆向きにエントリーするように設定しています。

最新フォワードテスト成績

GridFlexの主要通貨ペアはAUDCADなのですが、そのフォワードテストの画像を見てください。

増加率が良いのですが、その反面ドローダウン率が高いという特徴があります。順調に勝てていますが一時的な含み損も大きくなることがあるEAです。

勝率やプロフィットファクター(PF)などの詳細の指標については以下の画像で確認できます。

くろだ

勝率、プロフィットファクターだけ見るとかなり優秀なEAです。ナンピンやロットコントロールを行うEAはこれらの数値は悪いことが多いです。

先ほど、AUDCADメインで稼働すると言いましたが他の通貨ペア(NZDCAD、AUDNZD)でも稼働できまして、最近フォワードテストを始めた結果は以下です。

これらの通貨ペアのパフォーマンスも他のEAと比較しても優秀なのが分かります。

テスト結果の評価

勝率とPFは良好ですがGridFlexは含み損が増えた場合にポジションを積み重ねる性質があります(ポジション数はパラメーターで設定できます)。その場合はトータルで勝てても勝率とPFは低下します。

GridFlexで含み損を減らすコツは1つでして

経済指標発表日に稼働オフにする

です。

最新チャート事例

ここでは、経済指標発表のリスクの高さを見てもらおうと思います。以下のチャート画像を見てください。

先週と今週前半は一般的に重要な経済指標発表、GridFlexにとって厄介な経済指標発表があり稼働オフにしていました。本日稼働させたところさっそくトレードを始めてチャート画像のようなトレードを行いました。

ロット数を低くした運用を推奨

上の成績画像は100万円の資金に対してロット数を3lotで固定して行っています。これはかなりアグレッシブな運用でして実際の運用ではロット数を小さくすることを推奨します(具体的な運用アドバイスは法律上できませんが)。例えば100万円の場合だと1lot程度で積極的な運用です。もっとロット数が小さくすると安心して運用が可能です。

それと重要な経済指標発表がある日はGridFlexに限らずEAの稼働を慎重に判断してください。

くろだ

当サイトでは定期的に経済指標発表日とそれによるEAのオンオフについて記事にしています

あわせて読みたい
12/4~12/8の重要な経済指標とEAオフ推奨日 この記事では12/4~12/8の経済指標と、それによるEAオフの推奨日を紹介します。 EAオフ推奨日は個人の見解とさせていただきます 【経済指標・要人発言(12/4 - 12/8)】...

GridFlexは無償版と有償版があります

無償版(購入特典)

GridFlexはハイドアウトをご購入いただくとその購入特典として無料でお渡しします(口座制限などはありません)。ハイドアウトの購入でGridFlexもついてくるのでお得です。

あわせて読みたい
ハイドアウト 紹介ページ ハイドアウト(HideOut)EA 年月現在、販売予定数が無くなり次第終了します。今だけ購入特典EAもありますので合わせてご検討ください。 【286億円のEA=ハイドアウト】 ...

ただ、経済指標発表ごとにGridFlexのオンオフをしてもらう方が良いです。

有償版(購入)

有償版は特定の経済指標発表日に自動でトレードをしないような設定ができます。その設定によって自動的にリスクが小さくなりますので以下のようなバックテスト結果を出すことも可能です。

有償版については以下の記事で詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
GridFlex 紹介ページ ここでは当サイトのオリジナルEAの「GridFlex」を紹介します。このEAはグリッドシステムを採用していまして、元々はハイドアウトというEAの無料購入特典として開発しま...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

黒田悠介のアバター 黒田悠介 トレーダー、データサイエンティスト、プログラマー

FXの検証やツールを作成する中で、GogoJungle社からも推薦され投資ナビを連載していました。また、FX情報商材を販売しないかというお誘いも色々な人から何度もいただきました。しかし、表舞台に立つことは苦手なのでお断りをしてきました。代わりに当サイトのオリジナル特典として購入者にFXツール、EAなどを無料でもお配りしていて、これまでに累計2400人以上の方にお配りしています。

コメント

コメントする

目次