ブラストFXで2月雇用統計トレードを挑んだら

2月2日の雇用統計イベントを
ブラックAIストラテジーFXでトライしたらどうなったかを紹介します。

僕は用事があったため、雇用統計発表時にトレードに参加できませんでしたが、
この記事では、再現性の高いブラックAIストラテジーFXインステッド版2ndでチャート分析していたら
どうなっていたかが分かります。

購入特典に、特別に販売者様から頂いた、スペシャル特典も追加しました。
【厳選特典1】初月から月10万円を達成する魔法のライン
【厳選特典2】勝率9割!誰よりも早く大トレンド発生に気付くプロの常識
【厳選特典3】プロトレーダーが実践しているトレンドから利益をごっそり抜く方法
【厳選特典4】全通貨ペア共通!含み損0で利益を抜き取るためのコツ
【独自特典5】K_SwingTrading
【独自特典6】K_BreakOutTrading
【独自特典7】マネータッピング
【独自特典8】ドラゴンストラテジーFXインステッド版
【独自特典9】ブラックAIストラテジーFXインステッド版
がついてます。


ブラックAIストラテジーFX
http://blackaist-fx.com/

ブラックAIストラテジーFXで雇用統計トレード

ユーロドル

まずはユーロドルでブラックAIストラテジーFXを使った場合、
下図のようになります。

雇用統計発表後にはローソク足が急激に下がったのですが、
矢印(AI-Arrow)が出なかったのでエントリーできず。。
ただし、日付が変わって午前1時ごろに発生したローソク足の上昇時に
AI-Arrowsが出現しました。
インステッド版2ndのエントリー条件にも合致して、
無裁量でエントリー、4時ごろに決済です。

※そんな時間に決済できないよ!って場合はブラストFXの自動決済機能を使ってください。

ドル円

続いてドル円でブラックAIストラテジーFXを使った場合、
下図のようになります。

こちらはAIがうまく機能したようで、
雇用統計が発表される前にAI-Arrowsが
ローソク足の上昇を示唆していました。

で、その通りローソク足が動いて、インステッド版2ndの条件にもあてはまったので、
無裁量で黄色の矢印のようにエントリーと決済を行うことができます。

インステッド版2ndで追加するインジケーターで、
ブラックAIストラテジーFXの課題である裁量判断を消し去り、
再現性高く、ダマしシグナルを回避しながら利益幅を大きくします。

ブラックAIストラテジーFXのレビュー記事

ブラックAIストラテジーFX標準特典+オリジナル購入特典をお渡しします。

 ⇒ ブラックAIストラテジーの検証とレビュー

 

合法的ワイロ:メルマガと購入特典お渡しします

 

最新情報をチェックしよう!