アヘッドAIのエントリーシグナルのリアルタイムと遅れについて

当サイトではAI(人工知能)に対抗するためのトレード手法としてAhead-AIを公開しています

あわせて読みたい
Ahead-AI(アヘッドAI) 紹介ページ ここでは当サイトのオリジナルトレード手法として「Ahead-AI(アヘッドAI)」を紹介します。この手法は人工知能(AI)のトレードのクセを見抜いて利益奪取を目指す手法...

この記事ではAhead-AIツールのシグナルについて紹介します。

目次

エントリーツールについて

Ahead-AIはエントリーと損切を無裁量で行う事が可能です。決済ルール(利確ルール)はいくつかありますが検証時には1つの決済方法のみをずっと使っています。

エントリーはシグナルで行う事が可能です。これまでも何回かバージョンアップを重ねています(無償)。

今回のバージョンアップではこれまでのローソク足の形状による連鎖反応の検知に加えてトレンド分析を追加しました。詳細な内容はAhead-AIの会員サイトに記載していますが概要は以下になります。

  1. 5分足チャートでのトレンド分析
  2. 上位足チャートでのトレンド分析
  3. マルチタイムフレーム分析
  4. K-SwingTrading(1時間足)の雲の色(トレンド)を確認

これらの分析について、インジケーターの設定画面でON/OFFを可能にします。

あわせて読みたい
Ahead-AIエントリーツールのバージョンアップ(ver0.8)と、ツール使用時のチャート例 当サイトではAI(人工知能)に対抗するためのトレード手法としてAhead-AIを紹介しています。 ただ、トレード手法は優位性があるのではと評価いただく一方で以下のお声も...

アヘッドAIのシグナル

アヘッドAIはAIのチカラを利用する事を目指したトレード手法なのですが具体的なトレードとしては

  • エントリーツールのシグナル確認
  • 決済は手動

となります。

エントリーシグナルについては、これまでの検証はリアルタイムで出現したものだけを対象にしていますが、

後から出現するシグナルってどの程度遅れるの?

というのを事例で紹介します。

ちなみに、リアルタイムのシグナルだけを検証した結果は以下です。
あわせて読みたい
【+229pips】Ahead-AI(6月第1週)トレード結果 当サイトではAI(人工知能)に対抗するためのトレード手法としてAhead-AIを公開しています この記事ではAhead-AIツールを使った先週5日間のトレード結果を紹介します 【...

シグナルの遅れ事例

さっそくですが以下のチャート画像を見てください。

アヘッドAIのシグナル(ユーロドル・6月14日)

アヘッドAIのシグナル(ユーロドル・6月14日)

画像の右側に出現しているシグナルはリアルタイムでは無いので、アラートポップアップに出現していません。

遅れる時間は今回だと3分程度です。

これをどう評価するか、ですがこのチャートの事例ですとこの後ローソク足はその方向に伸び続けます。もちろん逆行するものもありますし、遅れる時間は前後する事もあるでしょうから結論付けるのは難しいですが少なくても全く役立たないシグナルとは言いたくありません(笑)

アラートが出ないのでチャート画面を見てないといけませんが、少し遅れるシグナルについて検証を続けるのも有用だと考えています。

紹介・検証ページ

あわせて読みたい
Ahead-AI(アヘッドAI) 紹介ページ ここでは当サイトのオリジナルトレード手法として「Ahead-AI(アヘッドAI)」を紹介します。この手法は人工知能(AI)のトレードのクセを見抜いて利益奪取を目指す手法...

購入ページ

販売個数を制限していて残り4個です
あわせて読みたい
Ahead-AI(アヘッドAI) 購入ページ ¥59,800(税込)※今月残り6個 AI(人工知能)のクセを利用したトレードに興味がある AIを作る側ではなく、利用する側の考え方を勉強したい マーケットにAIが出てきて、...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

黒田悠介のアバター 黒田悠介 トレーダー、データサイエンティスト、プログラマー

FXの検証やツールを作成する中で、GogoJungle社からも推薦され投資ナビを連載していました。また、FX情報商材を販売しないかというお誘いも色々な人から何度もいただきました。しかし、表舞台に立つことは苦手なのでお断りをしてきました。代わりに当サイトのオリジナル特典として購入者にFXツール、EAなどを無料でもお配りしていて、これまでに累計2400人以上の方にお配りしています。

コメント

コメントする

目次