天底チャートとは何なのか?

こちらの画像を見てください。



「天底チャートMT4」は、

●移動平均線
●RCI
●ストキャスティクス


を使ったツールです。それぞれの指標は誰もが知っている、
使い古された指標で、
現在は移動平均線だけ、RCIだけ、ストキャスティクスだけ、
では勝てません。


天底チャートMT4はそれぞれの指標(インジケーター)を、
長短複数本を重ね合わせることで優位性を出しています。



上の画像を見れば分かる通り、トレンドの視認性が抜群に高く、
FXトレード初心者でも簡単に大まかなトレンドを捉えることができます。



販売者さんはyoutubeで天底チャートが分かる動画を公開しています。



天底チャートのメリット

天底チャートは
移動平均線の傾きと位置関係による勢い、
ストキャスティクスとRCIを使いトレンド転換を捉え、

トレンド転換後の「押し目」「戻り」タイミングで仕掛けをおこなう手法です。


もう少し詳しく言うと、

 
複数のRCIやストキャスティクスの束が
下限で収斂(しゅうれん)し、交差の後、上向きに拡散を始める時。
それに加えて移動平均線の帯の上にローソク足が出た時は、買い転換(上昇相場)。


逆に、
複数のRCIやストキャスティクスの束が
上限で収斂(しゅうれん)し、交差の後、下向きに拡散を始める時、
それに加えて移動平均線の帯の下にローソク足が出た時は、売り転換(下落相場)。


それらの転換を理屈抜きで見ただけで分かりやすくするツールです。
オマケにエントリー・決済のタイミングで矢印シグナルが表示されます。


緑矢印:「買いエントリー」
赤矢印:「売りエントリー」
白矢印:「手仕舞い」



ちなみに天底チャートのマニュアルはすべて公開されています。


マニュアル公開先: goo.gl/J6xc4E


興味深い取り組みですね。


天底チャートのデメリット

ただ、天底チャートにもデメリットがあります。


それはエントリーのタイミング。


エントリーが完全無裁量ではないのです。販売ページを見ると、、


「明確な動きがでたら」シグナルにしたがってトレードをおこなう。


と書いています。
つまり「明確な動き」をチャート上にて裁量判断する必要があるのです。
「明確な動き」に対して、明確な定義はありません。
複数本のRCI・ストキャス、移動平均線の動きから総合的に判断し学ぶ必要があります。



視認性が良いツールとはいえ、
判断は自分でしないといけないのはデメリットです。


もう1つ。
天底チャートという名前の通り、相場の天井と底を捉えたいツールなのですが、
天底チャートを使ってもだいたいの天井と底が分かるだけで、
ピンポイントで捉えることは不可能でしょう。



むしろ、天底チャートは転換点を確認した後にエントリーするツールとして使うべきです。

天底チャートを無料で実践してみる

繰り返しになりますが、
天底チャートは基本的なインジケーターで構成されています。
それぞれのインジケーターはどこにでもあるようなインジケーターです。


なので、、雰囲気だけでも天底チャートを体感したいのなら、
無料で実践することができます。

(もちろん天底チャートと似て非なるものです。)

GMMA

移動平均線を複数本使い、ビジュアル的に見やすくするツールとして
代表的なものはGMMAです。



GMMAの何がいいのか?【MT4 無料インジケーター】


このGMMAはトレンド把握に優れています。
ルールがとても簡単で


●青い線が赤い線より上にきていると上昇トレンド
●青い線が赤い線より下にきていると下降トレンド



これだけです。

RCIを12本

RCI自体は古典的なありふれた指標です。
もちろんMetaTrader4でも標準的に用意されているインジケーターです。


ただし、1本表示では、視覚的には流れを掴む程度のものですし、正直使えません。


しかし、
RCIを10本前後の重ね表示にすると、
かなり直感的に、視覚的に理屈抜きに転換点がわかり易くなります。



そしてRCIには、MACDやRSIと違う特徴があります。
それは
相場の転換点において、
遅いRCI線と速いRCI線が折り返し点で必ず規則的に交差する。

というものです。

Spuds Stochastic Thread Theory

RCIだけだともちろんメリットと同時にデメリットもあります。


デメリットというのは、
強いトレンドが継続すると、ずっと上限もしくは下限にラインが来て、
使い物にならないというものです。



ですが、ストキャスティクスの方は、強いトレンドでも
上限下限に接しにくいのです。なのでRCI、ストキャスティクスの両指標を同時に見比べることで、
より天底判断がしやすくなります。


無料でストキャスティクス19本を表示させるなら、
Spuds Stochastic Thread Theoryがおススメです。



海外フォーラムで紹介されているSpuds Stochastic Thread Theory

これも直感的に分かりますね。


ちなみに上のインジケーターを使って
天底チャートぽいものを無料で作った結果はこちら。




うーん、、分かりやすいようなそうでもないような。。
でも移動平均線やRCIを1本ずつ使うよりかは
はるかにチャートが見やすくなりましたね。



せっかくなので、僕のメルマガ読者さんにプレゼントします。

※どこかのメルマガで1回限りのご紹介です。
 ⇒もう紹介は終わりました。今後は、このブログから何かを購入した時の購入特典にします。


天底チャートの優位性

天底チャートは「チャート分析ツール」として裁量トレードに取入れることで、
進化を発揮します。少なくてもこれだけでエントリー・決済シグナルとしては使えません。


しかし、天底チャートで目で確認できる転換点を捉えれば、
その後の押し目買い・戻り売りを狙えば、
比較的安全にトレードを進めることができ
初心者トレーダーでも安心して取り組むことができます。



「天底チャートMT4」を購入したほうが良い人

●シグナルツールではなく裁量手法のチャート分析力を高めたい人
●1時間足でのトレードで問題のない人
●王道的な指標を使うほうがストレスない人

「天底チャートMT4」を購入しないほうが良い人

●シグナルツールがほしい人
●自動売買をしたい人
●チャート分析からFXを勉強する、というプロセスを取りたくない人


天底チャートMT4の検証ページ

天底チャート MT4・・☆☆☆【検証とレビュー】


※オリジナル購入特典お渡しします。

 

あなたへの合法的ワイロ

先に、無料でもらう
購入特典の一部であるインジケーター3種、
バイナリーオプションの攻略法と、

ブログの更新情報、極秘メルマガ情報も手に入ります。

メールアドレスさえ登録すれば。
無料で購読し、購入特典も手に入れる

 

厳選FX商材 検証結果記事一覧