日経225先物とはどんな取引なのか?

いつもこのブログをごらんいただき、ありがとうございます。

ここでは日経225先物トレードについて説明します。

日経225とは

日経225とは日経平均株価のことを指しています。


よくテレビでも
日経平均が16000を割って、
TOPIXが。。。

と報道されていますが、
あのことです。


日本経済新聞社が独自の視点で
日本を代表する225銘柄を抽出したもので、
ファーストリテイリング
NTTドコモ
トヨタ
ソニー
キャノン

など多くの人が知っている企業の銘柄が該当します。
(毎年数銘柄入れ替わります)

日経平均株価指数を対象にした取引

日経225先物とは
日経平均の株価指数の取引を指しています。


日経平均をFXのように売り買いできます。
通常の株式投資だと
銘柄を選択⇒買う⇒利益が出る⇒売る
というプロセスがあるのですが、


日経225先物は銘柄の選択は不要です。
売り買いどちらから始めることが可能です。
FXのようにレバレッジをかけることもできます。



他の先物取引よりリスクが低い

日経225先物はFXのようにトレードできるメリットがある一方で
「先物」と聞いちゃうと
何かわからないけど恐いトレード、
と思う方もいます。


その思いは実は間違っていないです。
大豆や原油、金などのコモディティの先物取引では
連日ストップ高やストップ安があったりして
市場が安定せず、決済できないまま追証が発生することもあります。


ただ日経225先物は先物の割に随分リスクが低いものとなっていて、
例えば値動き自体がストップ高やストップ安になることは
まぁありません。セーフティー機能もあります。



なので
株式投資はある程度して次にFX行きたいけど抵抗あるなぁ、という方や
先物取引をしたいけどリスクが恐い、という方に向いているトレード方法です。



このブログでも日経225先物攻略法をお伝えする予定です。


こちらの記事はもう読まれましたか?

 

超厳選したFX商材レビュー記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

相場格言

    日経225先物とはどんな取引なのか?

このページの先頭へ