ここでは日経225先物の特徴の1つである
レバレッジについて紹介します。


レバレッジという言葉は
株の信用取引やFXのトレード経験がある人には
おなじみの言葉で説明不要だと思います。


レバレッジ効果とそのメリット

レバレッジとはテコの原理のような働きのことで
投資資金に対して10倍、20倍の金額で取引ができることを意味しています。



簡単に言うと、
日経平均株価が2万円の時に、
日経225先物の証拠金を10万円用意し、
200万円の取引が可能で、
仮に株価が5%アップして
2万1千円になったら10万円の利益が出ます。



現物株取引では
10万円の資金では10万円の株しか買えないので、
株価が5%アップしても5千円の利益です。



要は、レバレッジを効かせることで、
同じ10万円でも日経225先物は
現物株式の20倍の利益を上げることができます。


もちろん逆もしかり

レバレッジ効果はもろ刃の剣になります。
利益が20倍になるということは、
損失も20倍になるということです。



株式投資だと、塩漬けと言う名のもとに
株で損失が出ても
「いつか値上がりするだろう」
と祈りながら損失を確定させないトレーダーも多いのですが、


日経225先物は証拠金、別の記事で紹介する限月というルール上
損失が大きすぎると手持ち資金以上に損をする場合もあります。


損切りについて、かなりシビアに実施しないといけません。
つまり優秀なトレードルールを取り入れて、
それをロボットのように実施する必要が出てきます。



証拠金

日経225先物のトレードでは、
損失が出た場合に決済ができるように
ある程度のお金を用意する必要があります。



これを証拠金と呼びます。


日経225先物トレードの結果損失が生まれると、
エントリーした時点の日経平均と
現在の日経平均の差額を計算して
証拠金から評価損分の金額が差し引かれます。


「じゃあ、あまりに損をして
証拠金以上に損をしたら?」



不足している金額を決められた日時までに
入金しないといけません。
これは「追証」とよばれる現象です。


2ちゃんねるまとめサイトなどで、
冗談半分で追証のストーリーを紹介することがありますが、
あれは現実として世界のどこでも起こり得ることです。



ともあれ、
レバレッジにメリットがあるのは事実なので、
リスクを最小限にしつつレバレッジ効果で
効率よく資金を増やしていきたいですね。




 

あなたへの合法的ワイロ

先に、無料でもらう
購入特典の一部であるインジケーター3種、
バイナリーオプションの攻略法と、

ブログの更新情報、極秘メルマガ情報も手に入ります。

メールアドレスさえ登録すれば。
無料で購読し、購入特典も手に入れる

 

超厳選したFX商材レビュー記事一覧