ここでは日経225先物の種類とその比較を行います。
とはいっても種類は2種類+1ですので
選択の余地はそんなにありません。


日経225先物はラージとミニの2種類があります。
ラージとミニは色々と異なるのですが、
一番の違いは「証拠金」です。
最低証拠金として、
ラージはおよそ70万円程度ですが、
ミニはおよそ7万円で、
個人投資家はミニの方が取り組みやすいですね。


日経225先物ラージとミニの違いは?

表にするとこんな感じです↓

   日経225先物ミニ 日経225先物ラージ
最低証拠金 7~8万円 70~80万円
取引額 180~200万円 1800~2000万円
呼び値 5円 10円
手数料 35~50円 250~500円
限月 毎月 3月/6月/9月/12月


ラージもミニも枚数を指定して注文をします。
ラージは1枚で1000倍のトレードができ、
ミニでは1枚で100倍のトレードができます。


ラージとミニでは値幅の最小値(呼び値)が違います。
ラージは10円でミニは5円なので
ミニの方が小さな値幅が狙いやすいですね。


手数料は証券会社で異なります。
もちろん手数料だけではなく、
他の機能も異なるのでそのバランスを考えて
証券会社を選んだ方がいいです。



日経225オプションもある

ラージとミニ以外にオプション取引もあります。
FXに対するバイナリーオプション取引みたいなものですね。



ただ、元々オプション取引はトレード初心者が
いきなりチャンレンジするものではないので、

日経225先物トレードに慣れたり、
オプショントレードのことを良く知ってから
トレードするようにしましょう。





 

あなたへの合法的ワイロ

先に、無料でもらう
購入特典の一部であるインジケーター3種、
バイナリーオプションの攻略法と、

ブログの更新情報、極秘メルマガ情報も手に入ります。

メールアドレスさえ登録すれば。
無料で購読し、購入特典も手に入れる

 

厳選FX商材 検証結果記事一覧