日経225先物では、自分がエントリーした方向と
逆方向に大きく動いた場合
評価損が拡大して、証拠金だけでは
トレードができなくなります。


こうなると、
証券会社から「追加保証金」を求められます。
これを追証と呼び、支払わなければ
どんな状態でも強制決済されて
損失が発生する場合があります。



まずは、追証が発生しないように
損切りを適切に設定することが大事なのですが、
それでも追証に備えて証拠金に余裕を持たせないといけません。



じゃあ具体的にどの程度の証拠金があれば、
どれくらい損をしても追証が発生しないのでしょうか。


追証の計算の仕方

まずは日経平均が2万円と仮定しましょう。
その時に11万円用意したとします。
必要証拠金を9万円とします。


差額は2万円ですね。


トレードのレバレッジを100倍とすると
100倍されたあとの損失が2万円なら追証が発生しません。


逆に言うと、2万円÷100=200円となり、
日経平均がエントリー方向と逆に行っても
200円までなら追証が発生しません。



まとめると、
余剰金÷レバレッジの数値
追証が発生しない日経平均になります。


追証が発生するケース

上の例の続きで、仮に自分の思惑と
500円違った場合、いくら追証が発生するのか。
それを計算しましょう。



日経平均を2万円で買いでエントリーしたのに
暴落して19500円になったとします。


この時500円の差額があり、
レバレッジを100倍とすると
500円×100倍=5万円の損失が発生します。


さっきの例だと2万円の余剰金がありましたが、
5万円の損失が発生しているので、
差し引き3万円が追証になります。








 

あなたへの合法的ワイロ

先に、無料でもらう
購入特典の一部であるインジケーター3種、
バイナリーオプションの攻略法と、

ブログの更新情報、極秘メルマガ情報も手に入ります。

メールアドレスさえ登録すれば。
無料で購読し、購入特典も手に入れる

 

厳選FX商材 検証結果記事一覧