データアナリストになったら?と、先輩に言われました

いつもこのブログをごらんいただき、ありがとうございます。

今日は先輩と一緒にカレーを食べにいきました。
カレーは注文してから早く出てきますし、
早く食べれますしね。

サラリーマンはお昼休みも仕事を考えてなければいけません。。

カレーを食べながら将来どうなりたいか話していました。
先輩はあと10年くらいは働いて、別会社に就職する時は
マネージャーとして働きたいと言っていました。

「次の会社は残業が少ないところを選ぶのですか?」
と聞くと
「どこの会社もそんな変わんないでしょ?」
と、どこ吹く風。

「黒田くんは何になりたいの?」と聞かれ
「アフィリエイターとして独立したい!」と
言えるわけもなく
答えに悩んでいたら、

「データアナリストになったら?」とアドバイスくれました。

僕は仕事場でデータ分析をしています。
ある業界のいわゆるビッグデータを扱っていて、
他の人がカンタンにマネできないところにいます。

つまりこのまま会社に残り続けたり、
さらに給料を上げるために転職を試みたりすることが余裕でできるのです。
(もちろん会社に残り続けるのは、取締役の最終承認が必要ですが。)

先輩は、僕がデータ分析スキルをさらに伸ばせば、
どこからも需要があるから将来安泰だよと教えてくれたのです。

で、僕は表面上
「そうですよねぇ^^」と答えたのですが、

「いやいや、ずっと60代の定年まで仕事するなんて奴隷の人生じゃん!」
と思っていました。

サラリーマンでいる限り、60代まで自由な時間はほとんどなく、
定年するころには身体を悪くして、
平凡に暮らすことさえできなくなるかもしれません。

いくらお金があったとしても、そんな人生嫌です。

実際にサラリーマンで活躍している人もこんな人生…と、
嘆いています。

年収1000万を間近にして思うこと

やはり僕はこのブログのポリシーに沿って
人生を謳歌したいです↓

まず、サラリーマンをしながら副業を行い、
ゆくゆくは独立してお金と時間を自由に使う人生を過ごす。
そしてお金を稼ぎながら感謝される人生にしたい。

アフィリエイトは自由な時間を使いながら、
おもしろいビジネスができる場所なんだよ!

こちらの記事はもう読まれましたか?

 

超厳選したFX商材レビュー記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

相場格言

    データアナリストになったら?と、先輩に言われました

このページの先頭へ