ミラートレーダーの検証と徹底比較

いつもこのブログをごらんいただき、ありがとうございます。

わざわざ貴重な時間を割いてでも、
このミラートレーダーのページにきたということは、
少なからずミラートレーダーに興味があるのでしょう。


あとで詳しく話しますが、
ミラートレーダーというのはだいぶ市民権を得てきました。
MT4にとって代わる存在になるのではと考えています。
(ならない部分もありますが)


テレビ番組でWBS(ワールドビジネスサテライト)という、
平日夜11時からやっている番組があるのですが、
そこではインヴァスト証券の
シストレ24(ミラートレーダーの1種)を使い
50万円を120万円にした主婦が取り上げられました↓
インヴァスト証券のシストレ24(引用元:http://matome.naver.jp/odai/2138146343200499901)


ちなみにミラートレーダーでうまいこと資産運用すると、
こうなります。
セントラルミラートレーダー これはミラートレーダー上で
いくつかのシステムトレードを運用しているのですが、

まとめて損益を見るとこのようになります。
セントラルミラートレーダー その2 1か月で3000pipsのプラスなので、
なかなか効率的な資産運用だと思います。


さきほど「うまいこと資産運用すると」と言いましたが、
誰でもカンタンに利益を出すことができるのか?といえば、
そうではありません。もちろん「誰でも」できることですが、
「カンタン」ではありません。


まぁでも統計学の手法を使えば、
長期的な運用も可能だと考えています。
(統計手法のことは今後話しますね。)


ミラートレーダーとは一体なんなのか?
口座開設したら無料でできるといっていますが、
「本当に」無料なんでしょうか??


ミラートレーダーの真実に迫ってみましょう。

ミラートレーダー?なにそれ?おいしいの?

イスラエルTradensy社が開発した
ミラートレーダー(ミラートレード)は、
選択型システムトレードツールであり、
FX自動売買プラットフォームの1種です。


1種とはいえ、
このプラットフォームを採用しているFX会社は
国内外に多数あります。
例えばインヴァスト証券、FXトレードフィナンシャル、
AVAトレード、Forex.com などなど。


FX会社によって商品名や名称が異なりますが、
実態はTradensyのプラットフォームです。
(もちろんFX会社によって多少の違いはあります)


ミラートレーダーは、
システムを選びわずかなデータ項目をセットすれば、
システムトレードができる工夫が凝らされています。
あらかじめ用意されたストラテジーを選択するだけで
本格的な自動売買を実践することができます。


また、PCにインストールは不要です。
インターネットエクスプローラー、
FireFox、chrome、
これらのブラウザを用意して、
インターネットが使えればFX会社のサーバー上で動作します。


ミラートレーダーは、まさに初心者にとって
最強レベルの自動売買プラットフォームです。

MT4の時代は終わった?

ミラートレーダーが最強レベルなら、
同じ自動売買のMT4(メタトレーダー)っているの?
という話になりがちです。


まぁ確かにミラートレーダーは、
無料で、ブラウザだけで運用でき、インストール不要で
有料のEAを購入する必要もない。


そんなミラートレーダーと比べたら
MT4のEAは
有料だし、インストール必要だし、設定は少し複雑だし。。


でも実はミラートレーダーにも欠点はあります。
それがわかりにくいだけで。
まずはミラートレーダーとMT4の比較をしてみましょう。
ミラートレーダー メタトレーダー4
導入まで
24時間運用
ロジックの透明性 ×
バックテスト ×
カスタマイズ
コスト


ミラートレーダーの「無料」はけっこう高い!?

各FX会社が提供するミラートレードの多くは、
無料で使えるとPRしています。

例えばシステムトレードを1つずつ購入する必要はありません。
いわゆる「手数料」もかかりません。

そういわれると一見、無料で使えるように見えます。

でも…
これを見てください↓
ミラートレーダーのスプレッド(ミラートレーダーのドル円スプレッド)
スプレッドは2.5pipsです。

MT4のスプレッド(MT4のドル円スプレッド)
スプレッドは1.3pipsです。


ミラートレーダーの方が
1pips以上スプレッドが広い様子が分かります。
このスプレッド差は、ミラートレーダーの隠れたコストです。

取引をすればするほど隠れたコストが重くのしかかってきます。


カンタンにシミュレーションしてみましょう。
ミラートレーダーのスプレッドを2pips、
MT4のスプレッドを1pipsとして、
MT4のEAを30000円、
1万通貨のトレードを行いましょう。


1回のトレードで100円の差が出ますので
300回のトレードで
MT4のコスト=ミラートレーダーのコスト
になります。


ちなみにミラートレーダーを実運用する時は
1つのシステムで多ければ年間200トレードあります。
4つのシステムを使えば年間800トレード、
この場合半年もしたら、
ミラートレーダーのコストの方が高くなりはじめます。


これが隠れたコストの正体です。

ミラートレードが使えるFX業者

とはいえ、ミラートレーダーは
運用までがカンタンであること、
システムを知らなくても統計手法だけで運用ができることなど、
メリットも数多くあります。


ですので、
ミラートレーダーかMT4かを迷ったら、
まずは導入と運用がしやすいミラートレーダーをおすすめします。


ミラートレーダーで自動売買の感触をつかみ、
長期的に有利なMT4にステップアップすると、
コストの面でも効率的な資産運用ができます。


ミラートレーダーをスタートするために
お勧めのFX会社をランキング形式でご紹介しますので
これを参考に早速ミラートレーダーを始めてみましょう!


国内最強ミラートレード
インヴァスト証券
インヴァスト証券

シストレ24というミラートレーダーを持つインヴァスト証券は、1,000通貨単位でトレードできるので、シストレ初心者に人気のFX業者です。2013年8月29日時点で+1185%という驚異的な利益率のプログラムがあり、隠れコストも低く、ミラートレード最強のプラットフォームです。

インヴァスト証券キャンペーンのため、初回50万円以上の入金+往復1回以上の取引で最大10,000円!

インヴァスト証券 キャンペーンに申込む

キャッシュバック 取引単位 ゆうすけの独断評価
最大1万円 1000通貨



超後発組ゆえの最強スペック
シストレ.COM
シストレ.COM

最近のトレンドとして以下のようなスペックをアピールするとこが多くなっています。
・1000通貨取引が可能
・低スプレッド
・ストラテジー選びのための情報提供
・高速/流動的バックトレードシステム
シストレ.COMは後発組のため、上記すべての要素に対応した、いわば最新スペックのミラートレーダーになっています。

例えば「ストラテジーランキング20」を使えば簡単にストラテジーが選べます。
そして、欧米でプロ投資家などのために提供されている、高性能CURRENEXをバックトレードシステムとして利用しており、
他社と差別化を図ることに成功しています。

シストレ.COMキャンペーンのため、初回30万円以上の入金+自動売買300k以上の取引で最大10,000円!

シストレ.COM キャンペーンに申込む

キャッシュバック 取引単位 ゆうすけの独断評価
最大1万円 1000通貨



国内最強スプレッド
アヴァトレード
アヴァトレード

アヴァトレードは1000通貨の取引が可能になっているので、少額資金でトレード開始ができます。そのほかにも、
●対応通貨ペア50、
●利用可能おストラテジー500以上、
●低スプレッド
などの特徴があります。特にスプレッドについては、国内最強レベルです。例えばドル円では2.4pipsと現時点で国内No.1です。これはAvaグループという、世界150カ国、15万人のユーザーを有し、500億ドル/月の取引料を誇るグループの強みを最大限に生かしているのでしょう。

150ヵ国に展開する大手国際金融グループとして信用度が高いので、ミラートレードを始めるのにおススメの業者です。

アヴァトレードキャンペーンのため、初回30万円以上の入金+60lot以上の取引で最大10,000円!
※「大盤振る舞いキャンペーン」では毎月6万円のキャッシュバック!

アヴァトレードアヴァトレード キャンペーンに申込む

キャッシュバック 取引単位 ゆうすけの独断評価
最大6万円 1000通貨



こちらの記事はもう読まれましたか?

 

超厳選したFX商材レビュー記事一覧

2 Responses to “ミラートレーダーの検証と徹底比較”

  1. […] 具体的には、MT4のEA(エキスパートアドバイザー)ですね。 最近ではミラートレーダー、コピートレードもあります。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

相場格言

    ミラートレーダーの検証と徹底比較

このページの先頭へ