23日深夜1時で消滅する2016年超優良商材のシークレット再版詳細はこちら
あゆみ式FX

私はがっつりサラリーマン中だったので、
トレードできなかったんですけどね。。



今日は日銀の追加金融緩和が失望されて円高が進みました。



が、、、
いくら何でも15分の間に105円から103円まで乱高下すると、
ツールや環境が無い人は振り回されて損したことでしょう。



K_SwingTradingだとこんな感じです↓
k-swing-trade0729usdjpy15m



ルール通りにトレードすると、
一つ目の白丸の直前は雲の半分まで戻ってきたので
決済して、逆向きにトレードするので
捉えることはできました。



ですが、2つ目の白丸は無理ですね。。
画像でも訳わかんなくなっています。



最近、そして今後こんな乱高下が多くなる?

資金のある企業がコンピューターを使った
アルゴリズムでのトレード、それも超高速取引をしています。


まばたきを一回する間に数千回トレードするんですね。
少しの値幅でもトレード回数を多くして儲けると。


でもこれをやられるとある弊害が起こります。
「あるイベントに過剰に反応する」


例えば日銀の金融緩和が大したものではないとの評価で、
円高が進むとします。


コンピューターはその違和感があるローソク足の動きを感知して、
高速取引を行います。


そしたら過剰にその方向にマーケットが進むんですよね。


で、これから将来はコンピューターを使ったトレードは多くなるので、
こういったことも多くなると考えています。


ムキにならない、予測できない相場ではトレードしない

これが鉄則ですね。


特に「予測できない相場ではトレードしない」というルールは
歴史に名を残すトレーダーの多くが言っているルールです。


不確実要素が多いトレードはただのギャンブルですしね。


なので
「めちゃくちゃなドル円乱高下にどう対応するか。。」
という問題に対する僕なりの答えは



「予測できなかったら諦める」です。


トレードしません。
自分の必勝パターンが通用する場面で勝負します。


こちらの記事はもう読まれましたか?

 

超厳選したFX商材レビュー記事一覧