FX自動売買 VS 裁量トレード

いつもこのブログをごらんいただき、ありがとうございます。

洗脳。思考停止。

(引用元:http://www.flickr.com/photos/8011986@N02/7037262215/)


どういうことかお話ししますので、
この変な洗脳から抜け出しましょう。


ブログや情報商材の販売ページでは、
よく次のようなメリット・デメリットが書かれています。
そして決まって「FX自動売買 VS 裁量トレード」を
問題にします。


●自動売買のメリット
自分の感情が入らないから
トレードルールを守りやすい。
そのため安定した結果になりやすい。

●自動売買のデメリット
詐欺同然のツールもあり、
ある時期だけトレード成績を良くする
カーブフィッティング(最適化)などで
トレード成績をごまかしてたりする。


●裁量トレードのメリット
市場の細かい変化に対応でき柔軟なトレードが可能。

●裁量トレードのデメリット
スキル、ノウハウが必要。
その他どんな状況でも冷静に対応する能力、
適切な判断力も必要。



実はですね…これらはですね…。


全部本当のことです。
その人その人のライフスタイルや目的に合わせて
裁量トレード・自動売買を選んだら良いと思います。


僕は片手間で勝手にお金が増えていったら
嬉しいので自動売買にしている。


そして自動売買のツールをいじるのは、
自分が勝ったバイクや車、パソコンの
メンテナンスをして速度を速める
のと似てるので
ツールをいじるほうが楽しい。


それくらいの理由で自動売買をしています。


FX自動売買と裁量トレード。
どっちが優れている?
そもそもそんな質問がおかしいのです。



なぜか?


ここで少しだけプログラムの話をさせてください。
一瞬で終わるので。


プログラムはどういう風に作られるか。
それは「仕様書」というものにまとめられます。

「Aという状態になったらBという処理をする」
「Bという処理が正常に終わったらCを行う」
「Bという処理が不正に終わったら強制終了する」

という感じで仕様書ができます。

つまり
「仕様書」=「処理のルール」です。


FX自動売買のツールも何らかの仕様書があり、
プログラミングされています。


つまり「仕様書」=「トレードのルール」


一方、裁量トレードは?
トレードのルールってありますよね。

「このラインを抜けたら買い」
「ローソク足がここを抜けたら損切り」
などなど。
優れたトレーダーほど、明確なルールがあります。

勘でやってるトレーダーなどいません。
っていうかそれじゃ負けます。


FX自動売買も裁量トレードも
「トレードのルール」ってのがあり、
それをプログラミングしてるかしてないかの違い。
それだけです。


トレードのルールがどれだけ優れているかがFXの全てであり、
自動売買や裁量トレードなどは手段でしかありません。



ですので、
ブログや販売ページなどでそんなことを言ってたら
「あ、洗脳したいんだな(目的はツール買わせることか?)」
と思って怪しんでください。


もちろん、洗脳などしなくても
優れたツールはいっぱいあります。


それはこのブログでも今後紹介していきます。

こちらの記事はもう読まれましたか?

 

超厳選したFX商材レビュー記事一覧

One Response to “FX自動売買 VS 裁量トレード”

コメントを残す

サブコンテンツ

相場格言

    FX自動売買 VS 裁量トレード

このページの先頭へ