FX自動売買をやたら褒めちぎって、
売り煽ろうとするサイトってありますよね?
どこのサイトとは言いませんが…。


(引用:http://www.flickr.com/photos/68751915@N05/6793829413/)

FX自動売買も完璧なシステムではありません。
デメリットもあります。
デメリットもきちんと確認して、
注意をしながら使っていきましょう。


大きく2つあります。

1.ファンダメンタル分析が困難
2.トレードルールのカスタマイズに限界がある


では1つずつ見ていきましょう。

ファンダメンタルズ分析が困難

自動売買を活用しているトレーダーの間でこんな声があります。

「FX会社が用意している無料のシステムトレードや、有料販売のシステムを試してみると、バックテストはほとんど完璧…。でも実際に取引を始めてみると、どれも最初は、そこそこ儲かるけど、結局長続きしない」
(引用:脱常識資産運用)

これ…FX経験者ならわかる話だと思います。

ファンダメンタルの要因でマーケットに大きな変動が起きたときに
システムがファンダメンタルな情報を組み込めないために、それまで有効なテクニカル分析が無効になることがあります。


ファンダメンタルとは何でしょうか?


それは例えばリーマンショックによって2008年12月に実施したFRBのゼロ金利政策です。
1ドル90円から87円まで一気に円高になり、そこから円安トレンドに移行しています。
FRBの政策をトレードシステムが分析して、何らかの数値として組み込む機能は無いといっていいでしょう。


しかし、心配無用です。対策方法はあります。
(もちろん投資に絶対はないので、完璧な対策とは言いませんが)

トレードルールのカスタマイズに限界がある

FX自動売買は、従来のトレードとは戦略がまったく異なります。

どういうことか?

従来のトレードは、自分で分析してトレードして資産運用して…ですよね。
でもこれからのFX自動売買は違います。


どのシステムが儲かるのか?
検証は十分にできたか?されているか?
相関分析や統計分析で有効であることを確認できたか。
リスクとリターンを計算する。


一言でいえば「サッカーの監督」ですね。

どのシステムをフォワードにするか。
安定したシステムをどうディフェンダーにするか。
システムトレード全体のフォーメーションをどうするか。
こんな感じです。


ここに従来の裁量トレードの要素はほとんどありません。
まぁ細かく言えば、システムのストップや強制決済、資金の割り当てを変えるとか、いろいろできるのですが、
肝心の自動売買のトレードルールを大きく変更することはできません。


それぞれの特徴を把握して、自分の性格やライフスタイルにあったトレードをする必要があります。



 

あなたへの合法的ワイロ

先に、無料でもらう
購入特典の一部であるインジケーター3種、
バイナリーオプションの攻略法と、

ブログの更新情報、極秘メルマガ情報も手に入ります。

メールアドレスさえ登録すれば。
無料で購読し、購入特典も手に入れる

 

厳選FX商材 検証結果記事一覧