RVIのバイナリーオプションでの使い方(基本から応用まで)

いつもこのブログをごらんいただき、ありがとうございます。

rvi_example1

RVIというインジケーターをご存知ですか?
おそらくあなたのMetaTrader4(MT4)でも
最初から装備されているインジケーターです。


このインジケーター、
あるバイナリーオプションの商材でも
手法の中に取り入れられていました。



つまりトレード手法として有料にできるくらい、
RVIが役立つ可能性を秘めてるのですが、
僕が好きな使用方法を2回に分けてお伝えします。



RVIとは何か

RVIとは、
レラティブ・ボラティリティー・インデックス
という正式名称です。


このテクニカルインジケーターは、
名前を見ればわかるように、
ボラティリティーの大きさ小ささを判断できます。


そしてそこから関連して、
シグナルサインとのクロスによってエントリー判断ができます。


この赤と緑の線がクロスするところです↓
rvi_example1


RVIのクロスだけで判断すると破産まで一直線

RVIが秘めたる可能性を持っているとはいえ、
そのクロスだけでエントリーしていくと、
ボコボコにやられてしまいます。


RVIの数値、
それをふまえたクロス判断、
他のインジケーターとの組み合わせによって、

さらに精度を増したトレードができるようになります。


具体的にどのような手法なのか?
説明が長くなるので次回以降に
紹介しますね。


こちらの記事はもう読まれましたか?

 

超厳選したFX商材レビュー記事一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

相場格言

    RVIのバイナリーオプションでの使い方(基本から応用まで)

このページの先頭へ